スポーツ

田中将大「楽天退団濃厚」セ・リーグ移籍でも「200勝まであと4勝」の厳しすぎる道【アサ芸プラス2023下半期BEST】

 楽天イーグルスを激震させた安楽智大のパワハラ事件に巻き込まれ、謝罪コメントを出すハメになった田中将大だが、この球界の大スターの去就をめぐっては、シーズン中から様々な憶測が飛び交った。年齢を重ねて衰えが見えてきたと同時に、名球会入りを見据えての攻防戦が水面下で行われていたのである。(8月24日配信)

 田中将大が今季限りで楽天を退団する可能性が高くなってきた。パ・リーグを取材するスポーツ紙ベテラン遊軍記者は、田中が置かれている現状を次のように説明する。

「昨年の年俸9億円から大幅ダウンとなる4億7500万円で、1年契約を結んでいます。本来なら、さらなる大幅ダウンの可能性があったわけですが、球団としては残り10勝に迫っていた通算200勝フィーバーを目論んでいたため、その程度のダウン幅で収まりました。ところが今季の働きを見る限り、費用対効果が悪すぎる。完全に不良債権化しています」

 かつて無双と呼ばれた面影は全くない。8月21日終了時点で規定投球回数に届いておらず、防御率は4.97。わずか6勝(8敗)にとどまっている。8敗はリーグワーストタイで、その人気にも翳りが出ている。球団の功労者であるのは間違いないが、現状を考慮すれば、球団として来季も契約を延長するメリットはあまりないのだ。スポーツ紙デスクが言う。

「力の衰えを考えれば、年俸1億円でも高い。とはいえ、その金額ではマー君のプライドが傷つけられる。親会社の経営状況がよければ1億円から大幅な上乗せも可能でしょうが、楽天本体の経営が苦しいですからね。来季の契約が合意に達しない可能性は高いでしょうね」

 となれば、他球団への移籍が濃厚だが、さすがにメジャー復帰の道は閉ざされている。日本球界復帰後3年間の成績を考えれば、パ・リーグで通用しないことは明白なだけに、残る道はセ・リーグ挑戦しかない。

「本来なら、球場が広くて本塁打の出にくいバンテリンドームナゴヤを本拠地にしている中日が一番。ところが、中日には資金がない。巨人かヤクルトあたりならそれなりの金額を用意できるでしょうが、本拠地とする東京ドームも神宮球場も狭い。今季以上に本塁打攻勢の餌食になる可能性が高いですね。生き残る道は想像以上に厳しいと思います」(前出・遊軍記者)

 名球会入りの日米通算200勝まであと4勝を残しており、さすがにユニフォームを脱ぐことはないだろう。だが、200勝に到達する道のりは厳しいのである。

(阿部勝彦)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」