社会

インド古典に記された「空飛ぶ戦車」操縦マニュアルと「核爆弾投下」の悲劇的瞬間

 古代文明の足跡が残るインドには、最古の古典である「リグヴェーダ」や、大長編叙事詩「ラーマーヤナ」、さらには宗教的、哲学的、神話的叙事詩「マハーバーラタ」など、歴史的価値ある文献が数多く残されている。

 そしてそれらいずれにも登場するのが、「考えるのと同じ速さで、意のままに飛び進む」などと記された、「ヴィマナ」と呼ばれる乗り物だ。

 ヴィマナはその時々で、「空飛ぶ宮殿」「空飛ぶ戦車」などとして描かれている。「12本の柱を持ち、1つの車輪、300の回転軸、60の装置など」があり、火と水を使った「からくり」で宇宙へ飛び出していくというのだ。古代文明研究家が解説する。

「紀元前10世紀以前に書かれたという大聖典『ヴァイマーニカ・シャストラ』が1918年に発見されたのですが、神々についての記述は一切りません。書かれていたのはヴィマナの飛行性能や設計構造、操縦法など、どう考えてもヴィマナのマニュアルとしか思えないものだったんです。書物は20世紀初頭、一種のチャネリングによって口述されたものですが、これは宇宙人が古代人に残したヴィマナ操縦法である可能性が高いでしょうね」

 そんな証言を裏付けるかのように、先の叙事詩「ラーマーヤナ」には、こんな記述が残されていた。

〈高速のヴィマナで飛んでいたグルカは3つの都市に向けて、全宇宙の力を秘めた弾丸を投下した。全住民が灰と化した。死体はひどく焼けていて、見分けがつかなかった。髪の毛や爪は抜け落ちていた。鳥たちは白くなり、食物は毒された〉

 それだけではない、「マハーバーラタ」にも、その瞬間がこう描かれているのだ。

〈太陽を一万個集めたほど明るく、煙と火が絡み合った光り輝く柱がそそり立った。死の杖のように、恐るべき槍。その寸法は3キューブと6フィート。授けられた力は、千の眼を持つインドラの雷(いかづち)、生けるもの全てを破壊した…〉

 この記述を核爆弾投下でないとするなら、いったいどう説明したらいいのか。

「実は2010年頃、米軍がアフガニスタンでヴィマナを発見したという噂が流れたのです。しかし、洞窟から運び出そうとした瞬間、全ての兵士が消えてしまったのだと。これは極めて重要度の高い機密事項として、米政府により闇に葬り去られたと聞いていますが…」(前出・古代文明研究家)

 不都合な真実が暴かれる日は、来ないかもしれない。

(ジョン・ドゥ)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
5
これで6億円!? 巨人・坂本勇人の適正年俸を算出したら…来季からは「代打要員」に