スポーツ

報道されない「落馬事故死の裏側」危篤状態の藤岡康太にJRAが「過怠金10万円」のなぜ

 板子(いたご)一枚下は地獄――。これは海で働く漁師という職業が、いかに過酷で危険であるかを示したことわざだ。

 同じことは競馬のジョッキーにもあてはまる。かつて一世を風靡したあるベテランジョッキーは引退後、周囲に次のようなホンネを漏らしたことがある。

「救急車(救護車)を常にスタンバイさせておく職業など、われわれジョッキー以外では聞いたことがない。競馬の騎手は『命がけの仕事』なんだよ」

 4月6日に行われた阪神競馬第7レースで落馬負傷し、意識不明のまま4月10日にこの世を去った藤岡康太(栗東・フリー、享年35)のケースもまた、しかり。

 JRA(日本中央競馬会)が公表しているパトロールビデオを確認すると、康太の騎乗馬は3コーナーで前を走る馬に接触してつまずき、康太はほぼ瞬間的に馬場に放り出されたことがわかる。さらには、落馬した康太を避け切れなかった後続馬に、頭部や胸部を激しく踏み蹴られたようにも見えるのだ。

 実はこの日、JRAは今回の悲劇的な落馬事故に関連する「裁決レポート」を公にしている。そこには次のように書かれていた。

〈10番スウィートスカーは、3コーナーで前の馬に触れてつまずき、騎手が落馬したため競走を中止しました。(その後方を走行していた5番、11番および2番の進路に影響あり)この件について、10番スウィートスカーの騎手藤岡康太に対し、過怠金100,000円を課しました〉

 落馬負傷で意識不明の危篤状態に陥っていた康太になぜ、JRAは「過怠金10万円」を課すことを決めたのか。古参の競馬記者が明かす。

「JRAは主催者として公正な競馬を実施する義務を負っており、落馬事故によって後続馬の進路が妨害された以上、進路妨害に対する裁決は公正になされる必要がありました。JRAはその義務を粛々と果たしたということです。ちなみに康太騎手の葬儀は4月15日に栗東トレセン内で執り行われましたが、これはJRAが日本騎手クラブとの合同葬として実施したもので、多くの関係者が康太騎手の旅立ちを見送っています」

 命がけの騎乗と公正なレース。この揺るぎない二本柱によって、競馬史を彩る数々の名勝負が繰り広げられているのだ。

(石森巌)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス