スポーツ

「メジャー先発1位」にランク!カブス・今永昇太は語録もスゴすぎた

 シカゴ・カブス今永昇太の無双が止まらない。今永はここまで5勝0敗、防御率0.84と、メジャー1年目ながら驚異的な成績を残している。米スポーツメディア「FANSIDED」は現地時間5月20日(日本時間21日)に、「ショウタ・イマナガの契約は、彼を逃したほかの29チームが後悔しているもののひとつだ」と配信。今永の大活躍を特集記事で伝えた。

 5月23日にMLB公式サイトが発表した最新の「先発パワーランキング」では、今永が堂々の1位に選出されている。パドレスのダルビッシュ有やドジャースの山本由伸はトップ10にすら入ることができなかったのだから、そのスゴさが分かるだろう。

 もともと野球に対する「意識の高さ」は、ドジャースの大谷翔平にも決して引けを取らないと言われている。その今永が、メジャーで「伏線回収」していると、ファンの間で話題になっているのだ。

「援護がないという言い訳は、防御率0点台の投手だけが言える」

 これは2016年4月14日、5回途中3失点も、無援護で3連敗した時の今永のコメントだ。今永はこの年、ルーキーながら開幕を1軍で迎え、先発ローテーション入り。9奪三振でデビューを飾った。非凡な才能を見せ、一度もノックアウトされることなく好投を続けたが、いっこうに勝ち星に恵まれなかった。そんな最中に飛び出したのが、この言葉である。スポーツライターが語る。

「とてもルーキーとは思えぬコメントに当時、多くの記者が感心させられました。この後、5月6日の広島戦でやっと無援護を脱出し、プロ初勝利を挙げたのですが、その時は『今日は広島ではなく過去の自分に勝つことができた』とコメント。解説の達川光男氏を唸らせています。カブスでも無援護で勝ち星がつかなかった試合がありましたが、0.84の防御率なら堂々と打撃陣の尻を叩くことができるでしょうね」

「投げる哲学者」と言われている今永。今季の活躍ぶりをみれば、また新たなワードが「今永語録」に追加されることだろう。

(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
4
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」