スポーツ

【2024海外サッカー日本人プレイヤー通信簿②】ファン支持率80%以上!南野拓実はチームを5年ぶりのCL出場へ導き「恩返し」

 サッカーの欧州リーグは次々と最終節を迎えている。そこで、海外で活躍する日本人選手の今シーズンを振り返る「海外サッカー日本人プレイヤー/リアル通信簿2023-2024」。忖度なしのレーティング企画(5点満点)の第2回をお届けする。

 今回取り上げるのは、フランスの名門・ASモナコに所属するFW南野拓実だ。

 実は、南野のシーズン開幕前の評価は散々たるものだった。フランスのリーグ・アンに詳しいサッカーライターが解説する。

「プレミアリーグ(イングランド)のリヴァプールから、22年6月に鳴り物入りで加入しました。しかし、22/23シーズンのリーグ戦は18試合の出場にとどまり、ゴール数はわずか1点。移籍金1500万ユーロ(現在のレートで約25億円)に見合った活躍には程遠く、サポーターの期待を裏切ったとして〝お払い箱〟の烙印を押されました」

 しかし、今季は開幕戦でスタメンを飾ると、第2節のRCストラスブール戦で2ゴールを決め、次節のFCナント戦でも1点を奪い、南野はまたたく間に輝きを取り戻したのだ。その理由について、前出のサッカーライターが続ける。

「新監督に就任したアドルフ・ヒュッター氏は、南野が海外リーグに初挑戦したRBザルツブルグ(オーストリア)時代の恩師でした。前シーズン、フォワードからサイドハーフまでコロコロ変えられていたポジションに苦戦したり、チームにうまく溶け込めていなかった南野をヒュッター監督がサポートしたんです。攻撃の起点を任せて自信を取り戻させると、チーム内での信頼度が急上昇し、次第にボールが集まるようになって、キレのあるドリブルでガンガン仕掛けるようになりました」

 そして2月には、サポーターのファン投票で80%以上の圧倒的な支持を集めるという快挙で、月間MVPに選出された南野。すっかりモナコの人気者になると、チームもリーグ2位へと躍進して、18/19シーズン以来、5年ぶりのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。ヒュッター監督への恩返しもできたと言えよう。

 南野の「復活劇」はこれだけではない。23年10月にクラブでの活躍が日本代表の森保一監督に認められ、国際親善試合のカナダ戦、チュニジア戦のメンバーに選ばれたのだ。スポーツ紙記者はこう振り返る。

「W杯カタール大会以来、約10カ月ぶりの代表復帰でした。22年のW杯決勝トーナメント1回戦のクロアチア戦では、志願したPKを失敗。本人はリベンジに燃えていましたが、次のW杯も十分に狙える(当時)27歳という年齢でありながら、まるで〝過去の人〟扱いで、森保ジャパンからお呼びが掛からなかったんです。背負ってきたエースナンバーの10番も、FW久保建英かMF堂安律のどちらがつけるのかに耳目が集まり、南野は蚊帳の外。それだけに、普段はマスコミに対して口下手なタイプですが、『(求められれば)どこでもプレーしたい』と、思いの丈を熱く語っていました」

 代表復帰後は11試合に出場。AFCアジアカップカタール2023のグループステージ初戦のベトナム戦では、2ゴール1アシストの大暴れを見せた。

「これまでの日本代表では、試合中は強気な性格で『俺がよければすべてよし』という唯我独尊タイプでした。しかし、年長組になったこともあってか、『モナ王~!』(ASモナコと王様をかけた用語)とイジられるなど、雰囲気を和ませる役割も担っています」(前出・スポーツ紙記者)

 それでは、通信簿に移ろう。所属チームは2位に躍進し、公式戦31試合で9ゴール6アシストを記録。惜しくも2ケタ得点には届かなかったが、本サイトの既報記事「オーバーエイジ枠の究極隠し玉『あの条件ピタリ男』に大岩ジャパンが急接触中!」でも触れたように、パリ五輪の切り札に浮上している。

 絶好調の南野には、優勝を逃したアジアカップの分までうっぷんを晴らしてほしい。通信簿は限りなく5に近い「4」としたい。

(風吹啓太)

カテゴリー: スポーツ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」