スポーツ

年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは

 初土俵から7場所での優勝は、幕下付け出しとしては、石川県出身の大先輩である元横綱・輪島の15場所を大きく塗り替える最速記録。また、新三役での初優勝は昭和32年5月場所の安念山(後の関脇・羽黒山)以来、67年ぶりという歴史的快挙でもあった。

 5月26日の大相撲夏場所千秋楽は、新小結の大の里が、勝てば大の里に並ぶ関脇・阿炎を立ち合いから圧倒。危なげない強烈な押し出しで、成績を12勝3敗として幕内初優勝を決めた。

 夏場所は序盤こそ先手を取られる相撲で、何とかしのいで逆転するパターンが多かったが、後半戦は自ら攻めて圧倒する取り口が増え、初優勝までばく進した。その大の里について、NHKの実況アナが「どこが良くなったのか」と聞くと、解説の舞の海は「学生時代からこれぐらい強かったんじゃないでしょうか」と手放しで絶賛。百戦錬磨のOBたちにも「モノが違う」と思わせるほどの存在感を示したのだった。

 同じく、相撲記者も大の里の強さと大物ぶりには舌を巻く。

「先場所(春場所)、新入幕で優勝という離れ業をやってのけた尊富士は前相撲から取っていたので単純な比較はできませんが、尊富士の初土俵から10場所で初優勝という記録もあっさり塗り替えた形になりました。あくまで大の里がこのまま順調なら、年内の大関、来年には横綱、さらには史上最強も十分に狙えるはずです」

 記者は「あくまで」と言葉を選ぶ形となったが、実は大の里には大きな懸念材料が1つあるという。

「精神面の成長は必要でしょう。この場所前、昨年9月に部屋の幕下以下の力士が20歳未満と知りながら共に飲酒したとして、二所ノ関親方と厳重注意処分を受けました。しかも単なる飲酒ではなく、大の里が強要したというイジメ、アルハラ(アルコールハラスメント)ではないかという報道もありました。日本体育大学の学生時代から無双していた大物だけに、さもありなんですが、いわばイエローカードを受けた身です。今度、問題を起こせば大関昇進はおろか、レッドカードの裁定が下りる可能性もあります」

 初優勝を決めた瞬間、地元の石川県のパブリックビューイングは大歓声に包まれた。震災で苦しむ人たちがまだ多い地元へ「元気」を供給するためにも、土俵上で圧倒する才能だけでなく、角界の模範となれる人格者への成長が期待される今後となりそうだ。

(石見剣)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】