スポーツ

「協会に気を使った?」貴闘力が指摘した「サンクチュアリ」の物足りない部分

 俳優の木村拓哉も「あそこまではまったのは初めて」と絶賛した配信ドラマ「サンクチュアリ(-聖域-)」(Netflix)。

 木村は6月15日放送の「トークィーンズ」(フジテレビ系)にゲスト出演。「最近、心が動いた出来事」を聞かれ、同局月9ドラマ「風間公親─教場0─」(フジ系)で共演する染谷将太から聞いた「サンクチュアリ」を鑑賞し、

「日本の制作のドラマで、あそこまでハマッったの初めてかもしんない」

「お相撲の話なんですけど、それ見たら久々にはまって。めっちゃくちゃ面白かった」

 と絶賛していた。

 同ドラマは一獲千金を狙って相撲界に飛び込んだ幕下の問題力士・猿桜(一ノ瀬ワタル)が、やがて真剣に相撲と向き合っていくストーリー。5月に配信がスタートし、日本の「今日のシリーズTOP10」で5日間連続1位を獲得。週間グローバルTOP10(非英語シリーズ)でも6位を獲得するなど世界的にヒットした。

 そんな「サンクチュアリ」について、元力士はどう見ているのか。

 元小結の臥牙丸は自身YouTubeチャンネルで、ドラマのように「親方に向かって乱暴な言葉や態度をとる人はいる?」「トレーニングで坂道走る?」「小指で懸垂する?」との質問に対し、いずれも否定。

 一方、同じくYouTubeで元関脇の貴闘力などは、

「自分らの時だったら、あれはまだ優しいぐらい。維新力さんが監修するんなら、もっとドギツイことをするはずだけど、協会に気を使ったのかな?」

 とコメント。それでも力士役の俳優たちに対し「よくあの体重まで増やしたな」と体作りを称賛し、「意外とちゃんと見られたな。稽古風景とかなかなか良いものがあった」と好意的だった。

 早くも続編を期待する声は多いようだが、力士役には肉体改造に時間がかかる上、撮影中のケガのリスクも高いため、そう簡単ではないとか。とはいえ、ヒット作はだいたい続編が作られるもの。果たしてどうなるか。

(鈴木十朗)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」