スポーツ

今年は特に!プロ野球がつまらなすぎるツ(1)

 ペナントも大詰め。本来ならば、クライマックスシリーズ進出争いで大盛り上がりのはずだ。ところが、観客動員も中継視聴率も控えめな数字が並ぶばかりである。改革が叫ばれて久しいが、代わり映えのしないプロ野球の現状にファンは飽き飽きしている。


試合より面白い「ストーブリーグ」
巨人 ラミレスが「パ・リーグ移籍」に動き出した
楽天 星野監督が「川上憲伸獲り」の野望執念!

 統一球の導入でなかなかホームランが出ない展開や、節電ルールで引き分けばかりの結果にはもううんざり。試合よりもむしろ、早くも漏れ伝わってきた「ストーブリーグ」情報のほうが、はるかに刺激的である。

 オフの主役・巨人は後半に入ってやっとエンジンがかかってきたが、開幕から沈黙を続けた打線とともに、先発、抑えといずれも固定できない投手陣は頼りなさすぎだった。
「当然、FA権を取得している選手の調査を開始しています。先発としてはソフトバンクの杉内俊哉(30)
、主軸としては横浜の村田修一(30)に興味を示している」(スポーツ紙デスク)
 補強があれば放出もあるのは当然だが、注目は主力外国人選手の先行きだ。
「わずか1勝(8月27日現在、以下同)と期待を裏切ったグライシンガー(36)のクビはわかりますが、4番としてチームの功労者だったラミレス(36)もチームを去ることになりそうです。みずからパ・リーグ移籍を熱望しているといいます」
 こう語る球界関係者が主砲流出の経緯を解説する。
「原因は、もともとうまくはない守備の衰えです。東京ドームでレフトを守っていると、相手チームのファンから拍手すら起こることに嫌気がさしている。今季のチームの低迷についても、自分の守備難のせいだと責任まで感じているんです。来年にも、外国人初の2000本安打が達成できる状況もあり、現役続行のためにDHのあるパ移籍を狙っています。すでに西武、楽天、オリックスなどが興味を示しているようです」
 ライバル阪神も、外国人の大量流出が危惧されている。
「かつて阪神に在籍していたボーグルソンが今季、メジャーでオールスターに選出されたことに、先発で活躍するメッセンジャー(30)とスタンリッジ(32)が刺激を受けている。日本での実績を考えたら、自分もできると考えて当然でしょう。もともとメジャー志向の強いマートン(29)も予断を許さない。彼はメジャーの評価が高くありませんが、阪神の提示する年俸と天秤にかけ、納得いかなければ出て行きます。阪神が一気に戦力ダウンするおそれがある」(スポーツライター)
 続いては中日。一番の話題はもちろん今季で契約の切れる、落合博満監督(57)の進退問題である。
 ドラ番記者が言う。
「落合監督の最大のネックは、地元人気のなさに尽きます。ナゴヤドームの観客動員数は減少の一途です。その不人気を勝つことで抑え込んできましたが、今季はすでに完封負け15回の体たらく。後任候補には、田尾安志氏、小松辰雄氏とともに、牛島和彦氏の名前もあがっています。86年オフのトレードを思い出すと、もし落合監督が去って牛島氏が中日に戻ったら、ドラマチックですよね」
 監督の去就といえば、1年契約の楽天・星野仙一監督(64)も騒がれそうなものだが‥‥。
「いや、星野監督はまだ経験のない日本一達成の野望に固執しています。今年は補強の目玉・岩村明憲(32)が打率1割7分8厘、本塁打0と大誤算。しかし、星野監督は『俺が獲った選手じゃない』というスタンスで気にしていない。それどころか、オフには得意の大型補強をまた敢行する腹づもりです」(球団関係者)
 星野監督が獲得を狙っているのが、メジャーで振るわず、現在は2Aでくすぶっている川上憲伸(36)だ。
「ブレーブス時代の過去2年は8勝22敗。年齢を考えれば、川上が野球を続けるには日本球界に戻るのがベストです。星野監督は『まだ2桁勝てる力はある』と豪語しています。他の球団が獲得に名乗りを上げても、明治大学の後輩で、中日時代には師弟関係だった強固な結び付きには対抗できないし、川上自身も断れないと言われます」( 前出・球団関係者)  球界は今、「2強10弱」の時代である。交流戦でパの優位は明白となったが、そのパでもぬきんでているのがソフトバンクと日本ハムだ。他球団と差がつけばつくほど球界はおもしろくないが、その日ハムからこんな話が聞こえてくる。
「梨田昌孝監督(58)は今季の成績にかかわらず交代する可能性が出てきた。後任は一説に栗山英樹氏(50)と言われますが、ヒルマン前監督(48)の復帰もささやかれています。ヒルマン氏は4年前リーグ2連覇を達成しながら『高校生の息子の思春期』を理由に勇退。その原因も時が解決し、再来日にも支障がない」(前出・スポーツライター)
 嗚呼、ストーブリーグばかりがおもしろくなりそうである。

カテゴリー: スポーツ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
「ヤバい」男女の営みを「全部試した」!沢尻エリカ、「衝撃の奇行肉声」をキャッチ