政治

人間・金正恩 歌手略奪とスイス留学時代の『恥』成績(2)

スイス留学で落第点を取った

 正恩氏は01年まで約4年間、スイスに留学。首都ベルンの公立中学校に通っていた。当時の写真や人物像が、地元の新聞や同級生たちの手で明らかにされている。それによれば、正恩氏は「天才の中の天才」などとは程遠い、ごく普通の子供だったという。
 正恩氏はベルン郊外の「リーベフェルト・シュタインホルツリ公立学校」に「パク・ウン」の偽名で98年8月に入学した。スイスの新聞が今年4月にスッパ抜いた、スイス時代の正恩氏の成績表によれば、落第点だった科目もあり、学校も休みがちだった。
 中学1、2年時の成績は数学、ドイツ語、芸術、社会科が「4」だった。同校の試験の評価は6段階で、4以上なら合格。つまり、合格点スレスレだったわけだ。自然科学は「3.5」で不合格だった。
 英語は当初、上級クラスだったのが、すぐに中級クラスに降格された。しかも成績は「4」で、ドイツ語も苦手だった。しかし、運動と音楽は「5」と好成績だった。スイス時代の友人たちは正恩氏について、
「バスケットボール好きでマイケル・ジョーダンや、コービー・ブライアントのファンだった。女の子の前では内気だった」
 と証言している。特にバスケットボールには愛着があったらしく、
「アメリカでプロバスケットボール選手になることを夢みていた。お気に入りのチームはシカゴ・ブルズ」(友人の1人)
 というから、北朝鮮が敵対するアメリカに憧れていたということになる。
 スイス滞在中は北朝鮮の在スイス大使が父親代わりとなり、身辺の管理を行っていたほか、
「平壌から送られた、育ちのいい子供たちと遊ぶように強いられていた」(前出・朝鮮総連関係者)
 スポーツ好きだが、勉強は得意ではなく、少しシャイな子供というのが実情に近そうだ。
 母国への帰国後も「低空飛行」だったらしい。脱北者の証言などをもとにした韓国の報道によれば、正恩氏は北朝鮮の最高学府、金日成総合大学や、エリート軍人を育てる金正日政治軍事大学に通ったものの、バスケットボールなどのスポーツやテレビゲームにふける毎日だった。しかし、他の2人の兄弟に比べて性格的に強い部分があり、早くから後継者となることが決まっていたという。

カテゴリー: 政治   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線