政治

金正恩「2025年までは食事の量を減らせ」大号令で平壌が「死の首都」に!/北朝鮮「餓死・拘禁・粛清地獄」極限の最新現場(1)

 迫りくる飢餓、閉ざされた脱北ルート、銃殺による見せしめ処刑――。北朝鮮で今、「餓死」と「拘禁」と「粛清」の三重苦が泥沼化している。

 言うまでもなく、北朝鮮人民を絶望と恐怖のドン底に追い込んでいるのは、絶対的な独裁者として君臨する金正恩総書記だ。本連載では「楽園」と喧伝されてきた北の地を覆い始めた地獄の驚愕実態を、6回にわたってレポートしていく。

 まずは絶望的な飢餓地獄から。韓国で脱北を支援している団体の関係者らが、国内外のメディアに語ったところによれば、ここ数年、北の住民から、次のような「悲痛なSOS」が頻繁に舞い込むようになったという。

「食い物がほとんどない。このままでは餓死する。韓国に逃げ出したい」

 危機的状況を一気に加速させたのは、2020年に始まったコロナ禍だった。韓国の脱北支援団体と親しい国際ジャーナリストが指摘する。

「2020年1月、金正恩は新型コロナウイルスの流入を防ぐため、中朝国境でのヒトとモノの往来を止めました。その結果、わずかな闇ルートを除き、中国からの食糧供給がストップ。返す刀で北の独裁者は国連による食糧人道支援まで拒否してしまったため、2600万人とも言われる人民が飢餓と餓死に直面することになったのです。その影響は都市部の中間層にも及び始め、最近は首都・平壌でも餓死者が続出する事態に陥っています」

 しかも2020年1月以降のこれまでの餓死者数は、1990年代半ばに発生した前代未聞の深刻な食糧危機、いわゆる「苦難の行軍」のそれをすでに上回っている、とも言われているのだ。国際ジャーナリストが続ける。

「1994年から98年までの苦難の行軍では数十万人の人民が餓死したとされているわけですが、ここ数年の餓死者数は、現時点で50万人を超えているとの試算があります。加えて金正恩が『2025年までは食事の量を減らし、腹のベルトを締めて苦難に耐えよ』の大号令をかけた、という報道もある。今後、北朝鮮国内での餓死者数が100万人の大台を超え、さらに膨れ上がっていくとの懸念も浮上しています。まさに地獄絵と呼ぶべき惨状ですね」

 だが、これは悪夢の始まりにすぎなかった。次回以降では、さらなる地獄絵に迫る。(つづく)

(石森巌)

カテゴリー: 政治   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
5
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」