社会

出会いアプリ 10代少女がハマる「斉藤さん」のアブナイ機能「父親の知らないうちに援助交際の可能性も…」

 新型「出会い系」はスマホ画面を指タッチするだけ! ティーンを中心に爆発ヒット中の携帯アプリをオヤジ記者が初挑戦。すると、あっという間にさまざまな“出会い”があり‥‥。

 今や大人気の出会い系アプリ。その名も「斉藤さん」。昨年9月に公開された「斉藤さん」は、不特定多数と無差別に出会えるという荒唐無稽なコンセプトが10代の若者を中心に爆発的ヒット。今年春には200万ダウンロードを突破した無料アプリだ。

 電子書籍「恋愛強者の極モテ術♂」の著者で若者事情に詳しいライターの尾谷幸憲氏が解説する。

「このアプリは無差別に全国の『斉藤さん』をダウンロードした人とテレビ電話できるというアプリです。ボタンを押すだけで誰かとつながるのですから、まさに21世紀の出会い系の新スタイルです。問題は女性に出会えるのは10回に1回程度と、圧倒的に男性ユーザーが多いことですが、実際に岡山の女子高生や秋田の人妻ナースなどとトークして、それぞれプリクラ写真とメアドをゲットできましたよ」

 かつてのテレクラのように昼下がりは人妻、深夜にキャバ嬢などと、おおまかな住み分けがあることをアドバイスされ、さっそくオヤジ記者もチャレンジしてみることに。

 不気味な黒サイのキャラのアプリをプッシュすると、「斉藤さんと話す」「斉藤さんはこちら」の2つのボタンが現れる。とりあえず「斉藤さんと話す」を押すと、わずか数秒で見知らぬ斉藤さんとロシアンルーレット式につながった。もう一度「話す」を押すと相手と話せることになるのだが、最初は無言電話、続いてワンギリ‥‥、ようやく通話できると「もしもし」と野太い男の声。聞けばヒマつぶし中という大阪の高校生だった。時節柄、甲子園の話題など世間話をしたあと、こちらの年齢を明かすと、「40代で斉藤さんやるんですか? スゲー」と驚かれる始末。

 めげずに何度かチャレンジすると、ついに若い女性の声が聞こえてきた。

〈いまどこ?〉と尋ねると、

「ここは涼しいよ。お母さんのおなかの中」

 と、シュールなお答え。後ろではクスクスと笑い声が漏れ聞こえる。こちらはヒマ潰しの女子高生グループが、“イタ電”している模様だった。

〈お父さんとお母さんが出会ってキミができたんだよ〉

 と諭すと、

「そうだね。お父さんの精子とお母さんの卵子がくっついたから生まれたんだよね。外へ出て行かなくちゃだね」

 と、意外に素直な摩訶不思議な異次元トークを10分ほど楽しめた。

「この『斉藤さん』で直接会うのはかなりの話術が必要とされますが、出会い系アプリはドンドン進化しています。他にもGPS機能を使って、近所にいる人と出会えるものや、無差別ではなく掲示板の書き込みに直接メッセージを送れるものもあり、まさに21世紀の出会いの最終形と言えます」(前出・尾谷氏)

 だが、気軽さゆえに落とし穴もある。この新ツールに警鐘を鳴らすのは、ITジャーナリストの井上トシユキ氏だ。

「もともとスマホは時間と空間を飛び越えて出会いを演出するのが得意分野です。ただ、ビジネスで大人がやるのはいいが、子供が巻き込まれるケースも考えられます。例えば、電話では優しい対応でも出会ったとたんに相手が豹変して援助交際を強要させられる、GPSで自宅までストーカーされる可能性だってあります。また、こうしたアプリがはやってくると同種のソフトが出てくるのが常で、中にはウイルスを添付したアプリが紛れ込む可能性も否定できないだけに、注意が必要です」

 やはり、まだ年端のいかない10代の少女には、タダより高いものはないと言えそうだが‥‥。我が娘のスマホアプリを確認してはいかがだろうか?

カテゴリー: 社会   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?