芸能

古田新太、「拷問のような」撮影だった最新ドラマ“熱血演技”の見どころ

 古田新太が3月31日スタートの連続ドラマ「闇の伴走者~編集長の条件」(WOWOW)で、役者根性全開の熱血演技を見せていることがわかった。

 同ドラマは3年前に放送された「闇の伴走者」の続編で、長崎尚志原作の「編集長の条件-醍醐真司の博覧推理ファイル-」を、セカンドシーズンとしてドラマ化したもの。伝説の編集長の謎の死の真相を、松下演じる調査員と古田演じる漫画編集者が追いかけるミステリーだ。3月27日に同番組の完成披露試写会と舞台挨拶で、古田はW主演の松下奈緒、三木孝浩監督と登壇。テレビ誌記者が言う。

「松下は、『再結成できて本当にうれしいです』と挨拶し、セカンドシーズンを心待ちにしてきている感じで、終始ノリノリの笑顔でした。ところが、古田は浮かぬ顔。で、口をついて出るのは、嘆きとボヤキばかりだったんです」

 もともと漫画大好きで、編集部員の友人も多いことから役作りも万全と引き受けたが、あにはからんや、想像を超えるぶっ飛びキャラに大いに手を焼いたという。

「三木監督が『古田さん、(続編を)やってくれないんじゃないかな?』と危惧させたほどだったそうです。古田の役はセリフが多く、うんちくをとうとうと語るシーンもあって、とにかくずっと『くっちゃべっている』イメージでうんざりさせられたとか。しかもスナック菓子好きな役で、食べながら長台詞をしゃべらなければならなかったんです。実は古田はスナック菓子やスイーツなどの甘いものが大嫌いで、食べたくもない菓子をいかにもおいしそうにほおばりながら、長台詞をトチらぬように神経を張り詰めさせながらしゃべっていくのは、口の中の菓子が水分を吸収し、口がどんどん渇いていくとあって、さながら拷問を受けているようだったということでした」(前出・テレビ誌記者)

 古田は小5の時に観た「劇団四季」の子供ミュージカルで舞台俳優を志した。そのため、中学時代はバレーボール部で基礎体力作り、高校時代はクラシックバレエを習い、大阪芸術大学ではミュージカルを専攻した筋金入りの「役者バカ」。「役者は監督、ディレクター、演出家の注文に『できない!』と言わない」をモットーにしてきただけに、口が裂けても「できない!」とは言えず、我慢と忍耐の日々を強いられたようだ。スケジュールが許す限り仕事を断らない古田。役者のカガミのような彼が炸裂させる熱演に要注目だ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
貴島明日香、人気お天気キャスター1位も納得のバスト渓谷写真の「破壊力」!
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
「有村架純のバストを揉みしだく」禁断映像の一斉配信に異常興奮と嫉妬の嵐!