芸能

古田新太、「拷問のような」撮影だった最新ドラマ“熱血演技”の見どころ

 古田新太が3月31日スタートの連続ドラマ「闇の伴走者~編集長の条件」(WOWOW)で、役者根性全開の熱血演技を見せていることがわかった。

 同ドラマは3年前に放送された「闇の伴走者」の続編で、長崎尚志原作の「編集長の条件-醍醐真司の博覧推理ファイル-」を、セカンドシーズンとしてドラマ化したもの。伝説の編集長の謎の死の真相を、松下演じる調査員と古田演じる漫画編集者が追いかけるミステリーだ。3月27日に同番組の完成披露試写会と舞台挨拶で、古田はW主演の松下奈緒、三木孝浩監督と登壇。テレビ誌記者が言う。

「松下は、『再結成できて本当にうれしいです』と挨拶し、セカンドシーズンを心待ちにしてきている感じで、終始ノリノリの笑顔でした。ところが、古田は浮かぬ顔。で、口をついて出るのは、嘆きとボヤキばかりだったんです」

 もともと漫画大好きで、編集部員の友人も多いことから役作りも万全と引き受けたが、あにはからんや、想像を超えるぶっ飛びキャラに大いに手を焼いたという。

「三木監督が『古田さん、(続編を)やってくれないんじゃないかな?』と危惧させたほどだったそうです。古田の役はセリフが多く、うんちくをとうとうと語るシーンもあって、とにかくずっと『くっちゃべっている』イメージでうんざりさせられたとか。しかもスナック菓子好きな役で、食べながら長台詞をしゃべらなければならなかったんです。実は古田はスナック菓子やスイーツなどの甘いものが大嫌いで、食べたくもない菓子をいかにもおいしそうにほおばりながら、長台詞をトチらぬように神経を張り詰めさせながらしゃべっていくのは、口の中の菓子が水分を吸収し、口がどんどん渇いていくとあって、さながら拷問を受けているようだったということでした」(前出・テレビ誌記者)

 古田は小5の時に観た「劇団四季」の子供ミュージカルで舞台俳優を志した。そのため、中学時代はバレーボール部で基礎体力作り、高校時代はクラシックバレエを習い、大阪芸術大学ではミュージカルを専攻した筋金入りの「役者バカ」。「役者は監督、ディレクター、演出家の注文に『できない!』と言わない」をモットーにしてきただけに、口が裂けても「できない!」とは言えず、我慢と忍耐の日々を強いられたようだ。スケジュールが許す限り仕事を断らない古田。役者のカガミのような彼が炸裂させる熱演に要注目だ。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
4
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
5
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ