芸能

古田新太「俺スカ」の意外な苦戦の原因は“白石麻衣の唐突なお見合い”?

 今年の4月にスタートした古田新太主演の連ドラ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)。初回の平均視聴率が10.9%と健闘したものの、その後は、9.7%、7.9%、8.6%、8.5%とスタート前の期待度に反して伸び悩んでいる。

 5月25日放送の第6話では、以前よりネット上でも話題になることの多かった白石麻衣演じる世界史の教師・里見萌のお見合い結婚を軸とした展開となったものの、視聴率は、過去最低の7.3%。この“不調”について、芸能ライターがこう分析する。

「古田が演じる、女装している同性好きの教師・原田のぶおという異色キャラも回を追うごとになじみ、毎回飛び出す、視聴者の『言葉にはしにくいモヤモヤ』を痛快に代弁する“名言”を楽しみにしているリピーター視聴者は多い。また、里見役の乃木坂46・白石麻衣も、下半身ネタを連呼したり、周囲にもやたら直球辛口な発言をする自由な演技で話題でした。ネット上でも、《萌先生出番少なかったけど目見開いて眉間にしわ寄せててかわいすぎた》《1時間じゃ足りない》との声もあり、ファッション誌でモデルとして見せる“かわいさ”“クールビューティ”を追求したキャラや、乃木坂46内でのリーダー的存在感ともまた違うキャラにしたのが奏功した形です。ただ、5話までの展開ではその里見先生が、古田演じる原田先生の好物のいなりずしを御礼に作ってくるなど、『里見先生は原田先生に好意を持っている?』ともとれる“伏線”に注目する視聴者が多かったのに、6話では、いきなり里見先生の見合い結婚話という展開に視聴者がついていけなかったようですね」

 また、同回では、下半身ネタも封印し、「親が決めた婚約者と結婚して、仕事も辞めて専業主婦になるべきか?」といったような、それまでの“やさぐれ”&“破天荒”キャラの設定とはだいぶ違う、親に従順すぎるノリに、視聴者が面食らってしまったようだ。一方、ドラマライターはこう話す。

「主役の原田先生の役どころですが、古田の名を一気に世に知らしめた02年の『木更津キャッツアイ』(TBS系)の時のオジー役のような、常にニヘラッとしたとぼけた役の方がハマっている、という指摘です。そして、16年の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でも演じていた同性好きの役が、古田には実は不向きなのではないか、という意見も見られましたね。結局“狙ってる感”や“いろいろと盛りすぎ感”が出過ぎてしまって、視聴者にとって鼻についてしまったのかも…」

 さて、同ドラマの生徒役では、King&Princeの永瀬廉演じる陰ある生徒・明智秀一の存在感が強烈だが、後半戦は、主に彼の話をベースにして話が進んでいくようだ。6話ラストでは、明智が、担任の原田に何の相談もなく退学届けを出した。生徒たちが少しずつ原田に好意を持ち始めている中、一人頑なに反抗する姿勢が、どう変わっていくのか。「ジャニーズのイケメン頼み」とヤユする向きもあるが、前半戦の伏線を回収する見応えある展開とともに視聴率アップも期待したいところである。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”