芸能

「ひょっとして大根?」沢口靖子が「科捜研の女」で露呈させた“弱点”とは

 現在放送分が19シーズン目となり、視聴率もコンスタントに10%以上を出し続けるテレビ朝日の看板ドラマ「科捜研の女」。その主演を張り続ける沢口靖子に、ちょっとした“ボロ”が出たことが話題となっている。

「まさに沢口あっての『科捜研の女』でしょうが、5月23日の第6話での不器用な演技ぶりには驚かされましたね。かりんとうの大きな瓶のフタを開けたときにくしゃみをするシーンがあったのですが、そのあまりの不自然さに、ネット上も《ひょっとして大根?》とザワついていました。沢口演じる榊マリコの人物設定上、それまで喜怒哀楽や崩れた表情を出さなかったのは、演出だと思っていましたが、たまたまそうしたシーンがなかった、もしくは表現できなくても目立たなかったというのが本当のところでは」(テレビ誌記者)

 沢口は周知の通り、1984年に第1回の「東宝シンデレラ」でグランプリを獲得し、同年の映画「刑事物語3 潮騒の詩」で女優デビュー。翌年にはNHK連続テレビ小説「澪つくし」のヒロインを演じて全国区の人気を博して以降、スキャンダル知らずの清純派女優を貫いてきた。

「99年から始まった『科捜研の女』シリーズに出始めてからは、榊マリコ役に徹したい意気込みからか、極端に他のドラマへの出演が減りました。出たとしても、同じテレ朝の『鉄道捜査官』シリーズや、『警視庁機動捜査隊216』(TBS系)シリーズの2時間ドラマで、どれも似たようなお堅い役ばかり。いくら大ベテランの女優とはいえ、これではいざという時に崩れたキャラは演じることが難しくなる。そうしたことの影響が先日の放送で出てしまったのでは」(夕刊紙記者)

 逆に言えば、そんな沢口だからこそ、お堅い役がしっくりハマるとも言えるが、今回の「科捜研の女」は“開局60周年記念”として1年間という長丁場。あまり「痛い沢口」は見たくないものだ。

(津田昌平)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測