スポーツ

「選抜第69回大会」強豪・天理高校を初優勝に導いた「投の二本柱」

 今年の春の選抜は、奈良県からは智弁学園が出場したが、県勢の春夏の甲子園優勝といえば、天理が先駆けである。夏は1986年第68回大会と90年第72回大会の2度制しているが、春の選抜優勝は97年まで待たなければならなかった。

 その第69回大会で春16度目の出場となったチームは、左腕エースの小南浩史(同大ー東邦ガス)と背番号3の快速右腕・長崎伸一(元・千葉ロッテ)、投の二本柱が看板だった。初戦は古豪・徳島商に苦戦の末、5‐4でサヨナラ勝ちを収めたのだが、この勝利で勢いがついたのか、続く2回戦は浜松工(静岡)を7‐0で一蹴。小南による被安打7の完封劇であった。長崎も負けてはいない。準々決勝で西京(山口)相手に被安打7の1失点で完投。8‐1と快勝劇の立役者となった。

 迎えた準決勝。相手は公式戦47連勝中という、この大会で断トツの優勝候補だった上宮(大阪)。天理はエース・小南が先発し、上宮のエース・山田真介(元・読売など)との投げ合いとなった。5回表に左中間へのソロを打たれて上宮に1点を先制されたが、7回裏に2死からタイムリーが飛び出し、天理は同点に追いつく。そして続く8回裏。天理は2死無走者から、長崎の遊ゴロが相手ショートの悪送球を誘って出塁。この絶好の場面で左中間を破るタイムリー三塁打が飛び出し、これが決勝点となったのだ。守っても小南は絶妙の配球で強打の上宮打線をかわし、奪った三振は9を数えた。結局、5安打1失点に抑えての完投勝ちだった。こうして投打ともに粘りが身上の天理が上宮のスキを突いて見事な逆転勝ちで、奈良県勢としては初めて春の選抜の決勝戦へと駒を進めたのである。

 迎えた決勝戦の相手は春夏連覇した1966年以来、31年ぶりの決勝進出で意気上がる中京大中京(愛知)。実はこの前年9月の練習試合で9‐3で破っているだけに、是が非でも負けられない相手である。

 この大一番・天理のマウンドを守ったのが長崎だった。長崎は4安打を浴び1点を失った5回裏を除くと一度も連打を浴びることがなかった。中盤のピンチを巧みな牽制でしのぐと終盤は本来の球威を取り戻し、毎回の11奪三振。攻撃陣も相手打線の8安打を下回る7安打ながら、2回表と4回表は中軸が出塁し、下位打線で返した。7回表は下位の2安打でつかんだチャンスを確実に活かし、2得点。先制、中押し、ダメ押しと理想的な試合運びで終わってみれば4‐1と相手を寄せ付けず、初めての春決勝戦で紫紺の大旗を勝ち取ったのだった。左腕の小南と右腕の長崎。完投能力のある2人の投手を備えていた天理は勝つべくして勝ったのである。

(高校野球評論家・上杉純也)=敬称略=

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」