芸能

欅坂46、2周年記念ライブで平手友梨奈が不在も他メンバーが「意地」見せた!

 みんな団結でエースの不在をみごとカバーした!?

 欅坂46が6日から8日にかけて、デビュー2周年記念ワンマン公演「欅坂46 2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」を開催。同ライブではデビューから全シングルでセンターポジションを務めている平手友梨奈がスケジュールの都合で欠席することを発表されていたが、3公演とも壮絶なチケット争奪戦が行われ、超満員でライブが行われた。いずれの公演も最新シングル「ガラスを割れ!」からスタートし、シングル曲を除くと、比較的新しいナンバーを中心にセットリストを構成。そして、今回のライブで注目されたのが平手の代役で「センターポジションに誰が入るか」ということだったが、「風に吹かれても」では小林由依が、「世界には愛しかない」では守屋茜が、「二人セゾン」では小池美波と原田葵のWセンターなど、楽曲ごとにセンターを入れ替えてパフォーマンス。昨年大みそかのNHK紅白歌合戦で披露した「不協和音」では、キャプテンの菅井友香がセンターを担当。サビ前のセリフである「僕は嫌だ!」は、まるで平手が憑依したかのような絶叫を見せ、ファンをシビレさせた。

「それから、欅坂のデビュー曲『サイレントマジョリティー』では、本来は平手の隣りのポジションに立つ、鈴本美愉がセンターを担当。センターの鈴本の顔がスクリーンに映し出されると、会場からはこの日一番の声援が上がりました。同楽曲は特徴的な振り付けで人気を集めたナンバーですが、鈴本はメンバー・ファンともに認める欅坂で最もダンスがうまいメンバーということもあり、ファンが寄せる期待も大きかったですね。実際、鈴本は可愛らしい歌声ながらキレキレなダンスと、クールな表情で平手センターにも劣らない高いクオリティーのパフォーマンスを見せていました。1月31日、2月1日に行われる予定であった欅坂にとって初の日本武道館ライブも、平手の欠席で欅坂のアンダーグループ『けやき坂46』の公演に振り替えられていましたから、欅坂のメンバーたちも悔しい思いをしたことでしょう。その悔しさをぶつけるにはもってこいのライブでしたが、無事、今回のライブを成功させたことで、平手だけのグループではないということが証明できましたね」(アイドル誌ライター)

 平手の不在で戦力ダウンすると予想されていたが、よりメンバー間の団結力は強固なものとなったことは間違いなし。平手が帰ってきた時の100%のパフォーマンスが今から楽しみなところだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
4
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」