芸能

竹内涼真、嵐・二宮にイジられる「ブラックぺアン」現場“唯一の癒やし”とは?

 嵐・二宮和也主演のドラマ「ブラックペアン」(TBS系)のプレミアム試写会が催されたのは4月16日。そこで明かされたのは、超過酷な撮影現場だった。同作は海堂尊氏の小説「ブラックペアン1988」が原作だが、二宮が演じるのは“オペ室の悪魔”と呼ばれるクールで優秀な医師で、口グセは「ジャマ!」と言い放つドSキャラ。毎回、年下研修医役の竹内涼真をイジり倒す役どころだ。

「ところが、かねてよりドMであることを指摘されている竹内は、『苦しくなくて、意外と心地よい』そうで、嬉々として演じているようです。同様に二宮のエジキになっているのが小泉孝太郎。7~8時間かかるのはザラの手術シーン収録中に二宮はアドリブを交えてグサグサ来る暴言をぶつけているとか。時には、監修の先生から医療用語のレクチャーを受け、段取りをいちいち確認しながらなので、撮影は、16~17時間かかったこともあり、終了後は全員疲労困憊の極致だそうですよ」(テレビ誌記者)

 竹内に話を戻すと、彼は番組モノローグも担当。ドラマ収録だけでも長時間の拘束されるうえ、アフレコまで毎回分やらなくてはならない。不慣れなことと、たまった疲れ、難しい医療用語の連発で、何度もやり直しになってしまい、気持ちは落ち込む一方だという。ベテランや中堅どころのそろった共演者に鬱憤をぶつけるわけにもいかない竹内は、唯一の年下で新人看護師を演じる葵わかなにまとわりついているようだ。

「というのも、竹内には7歳年下の弟と4歳年下の妹がいる。妹はこの3月で美容学校を卒業して4月6日に20歳になったばかり。竹内は家族仲が良く、この美人の妹を溺愛していて、携帯の待ち受け画面を妹にしていたり、一緒に買い物行ったり食事したりとベタベタだとか。ところが、このドラマの収録が早朝から深夜まで続くため、妹に思うように会えない。そこで、最近は、妹から得ていたはずの足りない癒やしを葵で補填しているようです。ただ、あまりにも頻繁に些細なことで話かけるため、最初はまともに相手していた葵も、次第にうざったがってきて、ぞんざいな扱いに激変。ところが、それがまた竹内の“ドM心”を刺激してくるようなんです」(芸能ライター)

 竹内が本当にドMだとすれば、「ブラックペアン」は、実は、このうえなく心地いい現場なのかもしれない。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」
5
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場