芸能

田村正和の「引退宣言」にフジテレビの“悲しみ”と“安堵”

 4月20日発売の「FRIDAY」によると日本を代表する名優の1人である田村正和が引退する意向であるという。田村は今年2月18日放送の単発ドラマ「眠狂四郎 The Final」(フジテレビ系)の試写を観て「これじゃダメだな」と痛感し、引退を考えるようになったようだ。

 田村にとって「眠狂四郎」はいわゆる“当たり役”。今でこそ田村は“二枚目俳優”として知られているが、成城学園高校在学中の1961年に映画「永遠の人」で本格デビューし、66年にフリーとなってからしばらくは、見た目が暗いこと、声が通らないことなどから脇役ばかりを演じていた。しかし、主人公の義兄で“母から愛してもらえず苦悩する息子”を演じた70年4月期放送のドラマ「冬の旅」(TBS系)でプチブレイク。72年10月より2クール放送されたテレビ時代劇「眠狂四郎」(フジテレビ系)で主人公・眠狂四郎を演じ大ブレイクを果たしたのだ。

「田村は16年3月12日放送の『松本清張ドラマスペシャル・地方紙を買う女 作家・杉本隆治の推理』(フジテレビ系)で主演を務めてから表舞台に現れなかったため、一時は心臓病説、激ヤセ説まで出たほど。しかし昨年4月11日の『眠狂四郎 The Final』制作発表時にそれらを自身が否定したことで、制作スタッフやオールドファンはホッとしたと聞いています。ところが田村が試写を観て痛感して感じたのと同じ『これじゃダメだな』は、現場スタッフの間でもささやかれていたことなのだとか。セリフが聞き取りにくい、立ち回りにキレがないといった批判の声が本人の耳に入らないよう、当時はかん口令が敷かれていたそうです。田村みずからが引退の意志を示したことで、フジテレビの制作スタッフは、昭和の名優が俳優人生にピリオドを打つことに対しては悲しんでいるそうですが、安堵する声もあがっているのだとか」(広告代理店社員)

 日本のテレビ芸能史に残る名優の「決断」ではあるが、やはり残念と言わざるをえない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
フジ渡邊渚、「Gカップを机の上に乗せた」ド迫力映像にファン悶絶!
3
浜辺美波、「バスト突起」騒動にフォロワーは「歓喜」より「心配」のワケ
4
阿部華也子、初ドラマの“女教師役”で注目は「Dバスト」より「桃型ヒップ」!?
5
深田恭子⇒比嘉愛未だけじゃない!「歴史的ピンチヒッター女優」驚愕の顔ぶれ