芸能

バカリズムが「レディファーストは外国の文化」と一刀両断した“真意”

 4月21日に放送された「女心がわかる男、わからない男」(日本テレビ系)で、バカリズムがレディファーストを強要してくる女性に毒を吐いた。

「ゲストの村上佳菜子が、女性はデートで脚を長く見せたくてハイヒールを無理をして履いているのだから、歩くスピードを合わせてほしいという発言をすると、バカリズムは『足手まとい』と一刀両断でした」(テレビ誌ライター)

 そして、バカリズムの主張は世にはばかるレディファーストという風潮に及ぶ。テレビ誌ライターが続ける。

「バカリズムは『世間って2つ流れがあるじゃないですか。もともとあるレディファーストという風潮と、男女平等でなきゃいけないという…ここがバランス取れてないんですよね』とし、さらにヒートアップすると『もともと(レディファーストは)外国の文化。日本にはなかったじゃないですか。レディファーストがちょっとずつ浸透してて、今後、根付いた時にいつか男性側から苦情が出ますよ』と息巻いていました」

 街の「痛いヤツ」を指摘することを得意ネタとする人間観察の名手・バカリズムだけに、女性に対しては積り積もった鬱憤があったのかもしれない。

「バカリズムは、過去にも『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で『女性に年齡を聞くと失礼という風潮があるのに対し、毎年、誕生日は祝ってもらいたがる』と、矛盾を指摘し『ヨロシクご検討ください』(日本テレビ系)では、みずから“ブス”という予防線を張りながら、スッピンの顔写真をインスタグラムにアップする女性アイドルに『典型的な“そんなことないよ”待ち』と毒づいています。差別主義的ではないですが、都合よく“女性”を持ち出してくる向きに対してのツッコミは、切れ味鋭いですね」(前出・テレビ誌ライター)

 その意味では「女心がわかる男」のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
2
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
3
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
4
TBS良原安美、“確信犯的”Fバスト「天気予報」が艶っぽすぎる!?
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白