政治

本性を全暴露「金正恩の愚かなる素顔」(3)高級チーズをスイスから輸入

 幼少時に接した欧米文化に対するコンプレックスも強い。金正恩の欧米文化に対する憧れは、李雪主(リソルジュ)夫人同伴で腕を組みながら登場する姿や、欧米ブランドで固める自身と妻のファッションにも色濃く反映されています。金日成・金正日バッジも付けず欧米のブランドで着飾る夫人に対し、国民はさまざまに噂をし、エリート層は見下しています。

 金正恩はスイス留学ですっかりスイスファンになったのか、スイス製の高級ブランド品を愛用することでも有名です。妻とともにスイスの高級ブランド時計モバードを着用し、2012年には同じスイスのメデラ社製搾乳機など、15万ユーロ(約1900万円)分の育児用品を購入しました。また、留学していた頃に好きだったスイスのエメンタール・チーズを北朝鮮で製造しようとしたが失敗したため、現在は輸入しているといいます。

 そして、金正恩にとって最大のコンプレックスとなっているのが、自身と母親の出自に対する負い目。この負い目が、彼の性格や能力に多大な影響を及ぼしているのです。

──

 金正恩は、自身の肉体的特徴や動作、ちょっとした癖に至るまで、祖父・金日成に似せている。しかし彼は金日成に抱かれたことも会ったこともない。これは正恩が複雑な環境に生まれたことと関係している。

──

 正恩の母・高ヨンヒは、金日成の生存時にはその存在が隠されており、公然と平壌に住むことはできませんでした。そのため、彼女は軍事境界線に近い観光都市・元山の特閣で、正哲(1981年生)、正恩(1984年生)、与正(ヨジョン)(1987年生)の3人を産んだと言われています。祖父が亡くなるまでは、母子とも日陰者として暮らしていたようです。高ヨンヒは金正日に愛されたものの、側室としての生活を余儀なくされていたため、その子供たちも金日成にお目通りできませんでした。彼女は生前、自分が産んだ息子のうち一人を金正日の後継者にするため金日成に近づこうとしたものの、金正日が強く制止し、接近できませんでした。金正日が父親の金日成の前で結婚式をあげた正式な夫人は、2番目の妻・金英淑(キムヨンスク)だけ。他に同居した夫人との間にできた子供が金日成に近づくことを固く禁じたとされています。この事実は、金正恩の偶像化作業で決定的な弱点となっています。金正恩が出自と経歴を国民に公にできず、最高指導者となって6年が経過した今も「伝記」を出版できないのは、生母・高ヨンヒの出自と密接に関係しています。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
3
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
4
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
5
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?