芸能

専属モデル卒業も納得?白石麻衣、「女優開眼」演技に絶賛また絶賛!

 ファンにとっても想像以上の演技力だったようだ。

 乃木坂46の白石麻衣が、5月12日に放送されたオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語 ’18春の特別編」(フジテレビ系)内のホラーサスペンス作「フォロワー」で、ドラマ単独初主演を果たした。

 白石はフォロワー数ナンバーワンを目指してSNSで、キラキラな投稿ばかりをするOL・藤田小春役を演じている。SNS上では“港区OL_ハル”というアカウントで、港区住みのOLを自称するも、実はそれは完全にフェイク。千葉の庶民的なアパートに住み、質素な生活を送り、SNSでフォロワーを増やすことだけが唯一の楽しみという偽りのキラキラ女子というキャラ設定だ。

 小春は同じくSNS女王を目指すライバルとフォロワー数を競うように、キラキラ投稿を続けていくが、そこで突如“ミミ子@ど田舎”というアカウントにフォローされたことで、だんだんと自我が崩壊していき、最後は醜く転落するというストーリーだった。

 白石は精神に破綻をきたした表情で全力疾走する演技や、何か取り憑かれたように暴走する演技、ブチ切れる演技など、普段とは正反対の感情ムキ出しの姿を見せ、視聴者にも大きなインパクトを与えている。ネット上では「まいやん、こんなに演技うまかったっけ?」「演技がうまくて、普通に怖かったよ」「実はモデルより女優の方が天職だったりして!」「今後、女優仕事が増えそうだね」と、その演技力の高さに驚いたという書き込みが多数見られている。

「白石は3月に女性ファッション誌『Ray』の専属モデルを、今月には女性ファッション誌『LARME』のレギュラーモデルを卒業していることもあり、グループ卒業も近いと予想されていました。ですが、これからの活動方針について、白石は『今は自分の世界を広げるチャンスだと思います。失敗してもいいやって飛び込めるうちにいろいろな場所に飛び込んでおこうって』と話しており、モデル業だけに縛られるのではなく、女優活動も含め、オールラウンドに全力で頑張っていきたいと話していましたね。今回の初主演作での迫真の演技を見て、ファンにも白石の覚悟が伝わったのではないでしょうか。もちろん、本業のアイドル業もいっさい手は抜いてません。白石は発売中の乃木坂の最新曲『シンクロニシティ』で、約5年ぶりの単独センターを務めていますが、歌番組でのパフォーマンスを見ても、時折寂しそうな顔を見せたかと思えば、泣いているような顔に笑顔など、楽曲の世界観に合わせ、変幻自在に表情を変化させ、そのパフォーマンス力も評価されています。そういった意味でも表現力に磨きがかかってきたとも思えますし、本人の中で何か明確な目標を持って、芸能活動に取り組んでいるのは間違いないでしょう」(アイドル誌ライター)

 グループ卒業のタイミングが白石の中でどのぐらいの時期に定められているのかはわからない。それでも、めまぐるしくその成長が見られる時期に突入しているだけに、ファンとしてはその一挙手一投足に注目していきたいところだろう。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点