芸能

ガチでおたがいをディスり合う男女お笑いコンビ「パーパー」に賛否の嵐!

 男女お笑いコンビと言えば「本当は付き合ってるんじゃないの?」と冷やかされたり、中にはにゃんこスターのように男女交際を公言するケースもある。そんな中、おたがいに相手を「大嫌い」と言い放つ異色の男女コンビを巡り、お笑いファンから賛否両論が噴出しているという。

 その険悪コンビ「パーパー」はブサイク男芸人のほしのディスコが、養成所で見いだした4歳年下の女芸人・あいなぷぅ(山田愛奈)を誘って2014年に結成。結成3年目の17年には早くも「キングオブコント」の決勝に進出した若手の新星だ。そのパーパーを含む5組の男女コンビが5月17日放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)に出演した時の様子を、お笑い系のライターが語る。

「番組ではにゃんこスターが、地方の営業では部屋を1つしか使わないとラブラブぶりを明かし、メイプル超合金のカズレーザーは相方の安藤なつを『熱源としか思ってない』とビジネスライクな態度を示すなど、コンビそれぞれの関係性が語られました。その中でパーパーは、あいなぷぅがほしのを『ゴキブリと同じくらい嫌い』と毛嫌いし、イスの端に座ることで少しでも距離を遠ざけるなど首尾一貫して嫌悪感を披露。対するほしのも『いいところが見つからない』とあいなぷぅをディスる始末です。この二人は当初からあいなぷぅがネタの中でも現実でもほしのを嫌っていましたが、ほしのまで相方を嫌いだしたことで、視聴者からは『もうさっさと解散すれば?』との厳しい声も出ていましたね」

 ネット上でも「中学女子が『あいつキモイ』って言うのを見せられているようで気分が悪い」という声が漏れ伝わってくる二人。ところがこのガチなディスり合いに対して肯定的な声もあるようだ。

「あいなぷぅの徹底した態度にはむしろプロ意識を感じますね。相方を害虫のように毛嫌いする姿をひけらかすことは、一人の女性として決して得策ではないはず。それをやり通す姿には『相方大嫌いキャラ』を全うする強い意志を感じます。もちろん本当に嫌いなんでしょうけど(笑)、その“嫌い”もまた芸人としての色ということなんでしょう。その点ではほしののほうこそ、ブス可愛いあいなぷぅに恋焦がれるネタが持ち味なのですから、嫌い嫌いと言いつつも『ワンチャンあれば!』との気色悪い欲望をにじませるほうが、パーパーらしさを徹底できるのではと感じます」(前出・お笑い系ライター)

 そんなディスり合いコンビのパーパーは6月27日に初のネタDVDをリリース予定。順調な活動ぶりを見せており、この調子では“嫌い嫌いも好きのうち”と、はやしたてられそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声