芸能

西城秀樹「63歳突然死」までの傷だらけの「15年闘病」(1)心肺停止状態で救急搬送

 戦後最大のスーパーアイドルとも称された西城秀樹。数々の大ヒット曲とともに、飾らない人柄もまた、国民的なスターにふさわしいものだった。2度の脳梗塞により、重い後遺症が残りながらも、生涯、ステージに立ち続けた男の姿──。63歳の突然死に向かう「凄絶な15年」の日々を追った!

「MARIE~!」

 今年4月19日、東京・練馬文化センターで開催された「第23回 紅白歌合戦」(日本歌手協会主催)の最後方の席で、立ち上がって声援を送る男がいた。それが、西城秀樹である。この日が結果的に「人前に出た最後の姿」になってしまったが、当日の総合司会を務めた歌手協会理事・合田道人氏が明かす。

「MARIEというのは、秀樹さんの奥さんが通っているエステティシャンで、秀樹さんとも家族ぐるみのつきあい。この日、MARIEが歌のステージに立つというので、応援に来たんです。2度も立ち上がって『MARIE~!』と叫んだんですよ」

 合田氏はMARIEのステージ後、西城のもとへ駆け寄って直撃インタビューを敢行。立ち上がった西城に、客席は総立ちして歓声を送った。

「秀樹さんに『元気になってよかったですね』と聞くと『はい、はい』とニコニコしながら答えました。歌手協会で主催している11月の歌謡祭にも『今年は出ていただけますね』と続けたら、力強く『はい、ぜひ』と言ってくれました。実は席で何度も立ったり座ったりを繰り返して周りの人が不思議がっていましたが、それも秀樹さんのリハビリだったんです」

 貴重な「最期の肉声」は、会場に居合わせた約1400人の観客のみが聞くことができたのである。

 だが、この日から6日後の4月25日に自宅で倒れ、救急搬送された時にはすでに心肺停止の状態だった。それから意識を回復することなく、家族らに見守られて5月16日午後11時53分、急性心不全により63年の早すぎる生涯を閉じる。

 03年と11年の2度にわたって脳梗塞を発症し、特に2度目のあとは言語障害や右半身のしびれなど、目に見える形の後遺症が残った。週刊アサヒ芸能にも「テリー伊藤対談」や単独インタビューなどで何度も登場しているが、1メートルを歩くのに1分ほどかかったこともあった。

 倒れたその日も、西城はリハビリに励んでいた。15年6月から通院した「フリーウォーキングメディカル」の大明龍八院長が語る。

「最初は立つことすらできませんでした。当初の目的はトイレ、お風呂、御飯、この3つを他人の手を借りずにできるようになること。努力のかいあって約半年で立てるようになり、身の回りのこともほとんど自力でできるようになったんです」

 だが西城のリハビリは、さらに過酷さを増していった‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」