スポーツ

オーナー抜き打ち視察で一変!?金本阪神が二軍戦を模倣中

 金本阪神は5月22日、24日の対ヤクルト戦こそ勝利したが、その前までは、4カード連続の負け越しを喫してしまった。負け越しが決まった試合の後、阪神ベンチから漏れ伝わってきたのが、金本知憲監督とベテラン・鳥谷敬の緊急会談だ。

「鳥谷には連続試合出場の記録が掛かっています。5月24日時点で1936試合。球団としては故・衣笠祥雄氏が持つ2215試合の記録を抜いてもらいたいと思っていますが、今のチームはあまりにも打てません。金本監督とすれば、打撃不振の鳥谷を試合に出す保証が持てないというわけです」(在阪記者)

 金本監督も打線低迷の責任を鳥谷に押しつけるつもりはない。だが、采配を批判する声も聞かれた。

「坂井信也オーナーが抜き打ちで二軍戦を視察していたんです」(球界関係者)

 その抜き打ちは4月19日にさかのぼったものだが、グループ本社の要人でもある球団オーナーがアポなしで、それも、二軍球場というのはおかしい。「低迷する一軍への当てつけ」ではないだろうか。

「一軍と二軍で大きな差ができてしまいました。二軍は44試合で75盗塁を記録しています。オーナー視察時点で二軍は25試合42盗塁、一軍はたったの『1』でした」(前出・球界関係者)

“当てつけ”が利いたのだろう。一軍もGW期間で一気に盗塁数を15まで増やした。打率の低さを走塁で補おうとしたわけだが、長く続かなかった。打撃好調の上本は二盗スライディングに失敗して、故障離脱。植田、大山らが失敗して好機を潰す場面もあった。

「上本が離脱してからまた走らなくなってしまいました」(在阪記者)

「失敗しても」の姿勢を一貫させなければ、チームに機動力は定着しない。一軍選手は失敗した時の「喝」がコワイらしく、走らなくなってしまった。金本監督は長期政権と目されていたが、躍動感あふれる二軍を見て、オーナーも考え直したのではないだろうか。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
5
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き