社会

実は脳卒中の予防にもなる?西城秀樹の急逝で気になる「サウナは体に悪いか」

 歌手の西城秀樹さんが亡くなった。享年64歳だった。彼は酒好きで愛煙家、そして、大のサウナ党だったという。そのサウナが悪いんじゃないかという声が広がっている。

 5月16日、急性心不全のため亡くなった西城さんは、2度の脳梗塞を乗り越え、リハビリに励み奇跡の復活を果たしたはずだった。かつて西城さんはテレビや雑誌でこう語っていた。

「リハビリはつらい。やさしいものは何一つない。でも、がんばっている」

 また、西城さんの元マネージャーは、こう語っている。

「84年に低髄液圧症候群で入院していて、さらに糖尿病でした」

 そして、倒れる前は1日にタバコを3~4箱、1晩でワインを2本空けていたともいい、大のサウナ党だったという。こうしてみると、身体に悪そうなことばかりやっていたような印象さえ受けてしまう。そして中でもサウナは心臓に負担をかけそうにも思える。巷では西城さんの悲報を受けて、「長嶋(茂雄)もサウナ、若島津もサウナが原因で倒れている」「TOKIOの松岡昌宏もサウナで倒れている」と、過去のサウナ好き有名人と疾患の関係が改めて思い出され、サウナが身体に悪いという「サウナ悪者論」が、ますます蔓延しそうな気配だ。ところが、脳神経外科を担当している佐藤利隆医師は言う。

「サウナと脳梗塞には因果関係はありません。むしろ逆で、サウナの本場・フィンランドでは、“サウナに入る回数が多い人ほど、脳卒中になる確率が下がる”という研究結果も出ているほどです」

 またスポーツジムの渡部文インストラクターもこう言う。

「サウナは汗を流して体重を減らすのではなく、毛細血管まで温めて血液の流れを活性化させる目的で入るもの。それゆえ、新陳代謝を促すので、むしろ脳卒中(梗塞や出血)の予防になる」

 とはいえ、何事もほどほどにやることが肝要。高温サウナに長時間我慢して入るオヤジの“根性サウナ”はそれこそ命取りになりかねない。

「65度くらいの低温サウナに約15分ほど入るのが理想的」(渡部インストラクター)

 ただし飲酒後のサウナは自死行為。飲んだら入るな!だ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK桑子真帆、「誘われ上手」報道でネット民が思い出すアノ清楚美女とは!?
2
深田恭子が極上ボディを見せつけた!「透けるドレスのFカップ」が悶絶モノ
3
相楽樹と満島ひかりの元夫・石井裕也監督の結婚を激怒している「恋多き女優」
4
高木菜那がCM初出演!金メダル級ボディの胸元がすごすぎるッ
5
乃木坂46、「女性アイドル顔だけ総選挙」でわかった顔面偏差値の驚異的高さ!