社会

実は脳卒中の予防にもなる?西城秀樹の急逝で気になる「サウナは体に悪いか」

 歌手の西城秀樹さんが亡くなった。享年64歳だった。彼は酒好きで愛煙家、そして、大のサウナ党だったという。そのサウナが悪いんじゃないかという声が広がっている。

 5月16日、急性心不全のため亡くなった西城さんは、2度の脳梗塞を乗り越え、リハビリに励み奇跡の復活を果たしたはずだった。かつて西城さんはテレビや雑誌でこう語っていた。

「リハビリはつらい。やさしいものは何一つない。でも、がんばっている」

 また、西城さんの元マネージャーは、こう語っている。

「84年に低髄液圧症候群で入院していて、さらに糖尿病でした」

 そして、倒れる前は1日にタバコを3~4箱、1晩でワインを2本空けていたともいい、大のサウナ党だったという。こうしてみると、身体に悪そうなことばかりやっていたような印象さえ受けてしまう。そして中でもサウナは心臓に負担をかけそうにも思える。巷では西城さんの悲報を受けて、「長嶋(茂雄)もサウナ、若島津もサウナが原因で倒れている」「TOKIOの松岡昌宏もサウナで倒れている」と、過去のサウナ好き有名人と疾患の関係が改めて思い出され、サウナが身体に悪いという「サウナ悪者論」が、ますます蔓延しそうな気配だ。ところが、脳神経外科を担当している佐藤利隆医師は言う。

「サウナと脳梗塞には因果関係はありません。むしろ逆で、サウナの本場・フィンランドでは、“サウナに入る回数が多い人ほど、脳卒中になる確率が下がる”という研究結果も出ているほどです」

 またスポーツジムの渡部文インストラクターもこう言う。

「サウナは汗を流して体重を減らすのではなく、毛細血管まで温めて血液の流れを活性化させる目的で入るもの。それゆえ、新陳代謝を促すので、むしろ脳卒中(梗塞や出血)の予防になる」

 とはいえ、何事もほどほどにやることが肝要。高温サウナに長時間我慢して入るオヤジの“根性サウナ”はそれこそ命取りになりかねない。

「65度くらいの低温サウナに約15分ほど入るのが理想的」(渡部インストラクター)

 ただし飲酒後のサウナは自死行為。飲んだら入るな!だ。

(谷川渓)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ