芸能

グイグイ大脇、謝罪会見で「仕事の意気込み語る」山口達也方式に猛批判!

 強制わいせつの容疑で大阪府茨木署に逮捕されていたお笑い芸人のグイグイ大脇が6月6日、大阪地検から釈放され、「多大なるご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした」と猛省の弁を述べている。

 大脇は4月19日、大阪府内の路上で未成年の下半身を触るわいせつ行為に及んだとされており、「今回、僕が起こした不祥事によってご迷惑をおかけした被害者とその家族の方に深くお詫びさせていただきます」と謝罪。

 所属する吉本興業は過去にもこうした不祥事に関しては厳しい処分を下してきた背景があるだけに、本人も「おそらく解雇が妥当だと思う」との覚悟を語るも、続けて「好きでこの世界に入ったので自分から辞めるというのは言いたくない」「(自身の犯した不祥事は)ヒトを笑顔にする事でしか返せないと思うので、どんな形になるにせよ、16年間やってきたのでやめたくないと思います」などと、その心境を明かした。

「ミソギの白ポロシャツで強制わいせつ騒動に対する謝罪の弁を述べた大脇でしたが、最後には“芸人はやめたくない”と付け加えてしまったことで、ネット上からは『やっぱりこの人も山口達也パターンですか…』『性犯罪に対する謝罪会見でなぜ仕事続行の意気込みを語る? 不祥事タレントは勘違いし過ぎ』『グイグイ来すぎ』『被害者はトラウマになるかもしれんのに本人は仕事やる気満々という…』『自分でも犯罪を認めてるのに最後には辞めたくないですか』などとヒンシュクの嵐。元TOKIOの山口達也が会見で『もしもTOKIOに戻れるなら戻りたい』との希望を語って以降、世間は謝罪会見でどんな事が語られるかという点にもかなり注目しており、謝罪会見の中で謝罪と、今後の仕事続行への希望を織り交ぜるという部分に違和感を覚えているようですね」(テレビ誌ライター)

 まずは謝罪。そして、仮に仕事続行への並々ならぬ意欲があったとしても、また別の機会に改める配慮が求められていたのかもしれない。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚