芸能

RADWIMPS野田「HINOMARU」炎上騒動で吉高由里子が巻き込まれ事故!?

 人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎が、自身のツイッターにて新曲「HINOMARU」の歌詞の内容について謝罪した。同曲は、一部から「愛国ソング」としてバッシングを浴びていたという。

「『HINOMARU』は、『気高きこの御国の御霊』『日出づる国の御名のもとに』といった歌詞の表現に対して、一部から『軍歌っぽい』『日本の愛国心を煽っている』と批判の声があがっていました。また、ある活動家は『RADWIMPS』のライブ会場周辺でデモ運動を起こす計画まで発表。この事態に野田は、ツイッターで《軍歌だという人がいました。そのような意図は書いていた時も書き終わった今も1ミリもありません》と釈明し、《傷ついた人達、すみませんでした》と謝罪しました」(芸能記者)

 だが、「RADWIMPS」といえば、大ヒット映画「君の名は。」の音楽を手掛けて以降、若者たちから絶大な支持を受けるバンドに急成長。それだけに今回、ヴォーカルを謝罪に追い込んだ“左翼思想”に対し、嫌悪感を抱く者が殺到するという状況になっている。また今回の騒動で、かつて彼が交際していた吉高由里子の話題が掘り返されているという。

「今回、『HINOMARU』が問題になったことで、過去に発表された曲の、過激な歌詞にも注目が集まることとなりました。その1つが、『五月の蝿』という歌です。この歌詞には『僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ』『通り魔に刺され』『死体になった君を見たい』と、恐ろしい表現が並べられており、ファンの間では、これが交際していた吉高のことを歌った曲だと噂されています。音楽ファンの間では有名な話なのですが、今回の問題で『RADWIMPS』の曲を調べ出した層は『こんな歌詞を書くなんてひどい!』『吉高さんが何をしたっていうの!?』と、今になって激怒しているようです」(音楽ライター)

「HINOMARU」騒動によって、吉高は思わぬとばっちりを受ける形となってしまったようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「服からバストがこぼれそう」最新写真に“過去最高艶度”の声!
2
藤田菜七子が土屋太鳳を“公開処刑”した!?超小顔とスレンダー大人ボディ
3
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
西内まりやがココまで脱いでいた!「全裸監督2」騎乗シーン再現