芸能

鈴木京香が酒場で「超オノロケ発言」漏らしていた!

 これまで幾度も「結婚報道」が出ては立ち消えになった芸能界の大物カップルがいよいよゴールインへ。その確証を深める大女優のオノロケ現場がキャッチされた。

 6月上旬、梅雨時のむしむしとした暑さが少し鬱陶しい、ある夜のこと。都内でも有数の高級住宅地の一角で、こぢんまりとした創作居酒屋が営業していた。リーズナブルな価格帯の酒類や、趣向を凝らした肴もさることながら、同店の特色はユニークな接客スタイル。ともすれば“腫れ物扱い”されがちな芸能人でも気さくにスタッフとの会話が楽しめるとあって、女優の松雪泰子(45)や川口春奈(23)、タレントの森泉(35)らも足しげく通っているという。

 当然ながらその日も千客万来。その喧騒の中で、しっとりしたハスキーボイスを響かせていた女性こそ、女優・鈴木京香(50)だった。

「もうすぐ、お台場に新しい美術館ができるらしいじゃない」

「吉祥寺に、すごくいい絵の具の店があるのよ」

 その日は知人らしき女性1人、男性1人を伴って来店し、3人グループの会話をしっかりとリードしていた。

 鈴木といえば、2010年放送のドラマ「セカンドバージン」で共演したのをきっかけに、9歳年下の俳優・長谷川博己(41)との交際をスタート。かねてから「結婚秒読み」と伝えられている。

「5月の鈴木の誕生日が入籍のXデーと見られていましたが、発表はありませんでした。すでに長谷川が10月スタートのNHK朝ドラ『まんぷく』の撮影に入っているので、タイミングが合わなかったのでしょう」(女性誌記者)

 この現場にも、長谷川が姿を見せることはなかったという。気の置けない友人との会食で、美酒が舌を滑らかにしたのか、あるいはざわざわとした店内の喧騒に気を許したのか──。そこで鈴木は何とも生々しい話を打ち明け始めたというのだが…。

 6月26日発売の「週刊アサヒ芸能」7月5日号では、鈴木の長谷川への愛情の深さがうかがえる、超オフレコ発言を詳細にリポートしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談