芸能

いい女8人「ソソるカラダ作り」マル秘現場をチェック!(2)肉体美で人気を博す中村アン

 体育会系女優の代表格として知られているのが、土屋太鳳(23)だ。7月13日にスタートするチアダンス部の活動を描いたドラマ「チア☆ダン」(TBS系)で主演を務めるのも、土屋本人が現役の日本女子体育大学の学生だからにほかならない。ドラマスタッフの証言によれば、

「今回の主演に際して、太鳳ちゃんいわく、『なまはんかな気持ちで挑んだらケガをする』と実に意欲的。チアダンスシーンのため入念な準備体操をしているのですが、その光景が我々にとって眼福モノなんです」

 と相好を崩すのである。続けてもらおう。

「地面に座って足を広げる“180度開脚ポーズ”をスタッフの前で披露してくれるんです。その時、さらに胸元がチラチラと見えたりもする‥‥。いつかドラマが終わってしまうのが悲しくてしかたありません」

 健康的なセクシーさが番組スタッフにも好評の理由のようだ。

 男女を問わず、愛嬌のある健康的な肉体美で人気を博しているのが、中村アン(30)。6月17日放送の「情熱大陸」(TBS系)で、スレンダーな体形を維持するためのハードトレーニングを初公開。

「露出度の高いトレーニングウエアを着た彼女がランニングマシンで汗をダラダラかきながら激しく息を切らしているシーンはコーフン必至でした。『情熱大陸』では水着でのグラビア撮影の模様も紹介されていたのですが、フェロモンが画面越しにビンビン伝わってきた。なにより彼女のグラビア撮影に関する“例の噂”を聞いていただけに、想像力をかきたてられて、思わず股間が反応してしまいました」(グラビア誌編集者)

 なにしろ、グラビアに挑む際には、“一切隠さない”のが彼女のルールだというのだ。

「先日発売された『an・an』誌上でも上半身ヌードを披露。“腕ブラ”ショットの撮影の際、プロ意識の高さからか、多くの男性スタッフがいるにもかかわらず、胸を一切隠さずに“オッパイ全開”でスタジオに現れたそうなんです。正直、現場に居合わせた人間がうらやましくてしかたありませんよ」(グラビア誌編集者)

 さまざまな視線にさらされることで美女はますます磨かれていくようである。

 美脚には定評のある菜々緒(29)も、ボディメイクのために毎日、自宅で長時間を費やしている。グラビア誌編集者が証言する。

「菜々緒ちゃんは自宅マンションにトレーニングマシンを完備していて、さながらジムに住んでいるような環境です。毎日数時間、ハードなトレーニングをこなしているんですが、トレーニングを終えてシャワーに入ったあと、全裸で全身をチェック。彼女はスッポンポンのまま大きな鏡の前で、カラダのありとあらゆる部分をチェックしていて、毎日続けることによって、ほんの少し脂肪がついているだけでも変化に気づくことができる。1時間以上、頭から爪先まで異変がないかチェックして、自分で入念にオイルマッサージを行っているんです」

 このプロ意識が、女優としてのキャリアにも役立っているということか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」