社会

「間違い歯磨き」が突然死を引き起こす(1)歯周病患者が増え続ける理由

 朝起きてまずやることといえば、洗顔と歯磨き。多くの人にとって、何気ない日々の習慣である。だがそのやり方が間違いで、実は命の危険に晒される重大な病気を誘発するとなれば、直ちに改める必要に迫られよう。目からウロコ、従来の常識を専門医が覆す。

 健康のバロメーターと言われる歯・目、またはあの部分になんとなく自信がなくなってきた記者、51歳。

 ある日のこと。朝食のソーセージをかじった瞬間、グキッという音とともに、口の中に鈍い痛みが走った。3カ月ほど前からグラグラしていた左上の奥歯だ。慌ててソーセージを吐き出す。するとそこには、無残にも抜け落ちた歯が‥‥。ヤバイ、これで3本目だ。記者と歯周病との戦いは、足かけ10年。グラグラし始める⇒歯科医で治療&歯磨き指導⇒多少回復するものの、再発。ここ数年、それの繰り返し。しかもこれといった痛みがないため、進行の度合いがわからない。それが歯周病の怖さでもある。

 日本人は朝晩の歯磨きを欠かさない、世界でも類いまれな国民だと言われる。にもかかわらず、それに反して驚くべき勢いで増え続けているのが歯周病だ。厚生労働省が実施している平成26年の「患者調査」によると、「歯肉炎及び歯周疾患」の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は331万5000人。この数は、前回の調査より65万人以上も増加している。

 テレビでは手を変え品を変え、「歯周病予防」をうたった歯磨き粉のCMが流れ、それに連動するように、電動歯ブラシの売り上げも急伸。反して、歯周病患者が増え続ける理由はどこにあるのか。

「歯周病と歯磨き」の疑問を解消すべく記者が訪ねたのは、「歯周病が歯医者で治らない理由」(愛育社)の著者であり、歯周病治療の第一人者である籾山歯科医院(群馬県みどり市)の籾山道弘院長。開業以来30年以上、抜歯ゼロを目標にした臨床を行う歯科医である。そもそも歯周病って何なんですか?

「簡単に言うと、歯磨きによるバイ菌の磨き残しが積もり積もって、それが歯の根元や周りに残り細菌感染を起こした状態。ただ、人間の体は外部から異物が入り込んできた場合、免疫機能でやっつけようとする。例えば風邪をひいた時にはパッと熱を出してウイルスを撃退するでしょ。あれと同じ。ただ、その状態が延々と続くと、やっつけきれなくなり、菌から逃げなきゃと、自分の骨を溶かして逃げようとする。それが歯周病で骨が溶けるメカニズムなんです」

 骨を溶かす細胞は破骨細胞と呼ばれ、通常、破骨が終われば骨芽細胞が新たな骨を作り、修復してくれる。だが磨き残しが積もり積もると、免疫はひたすら叩かれ続け、造骨細胞が力を発揮する時間がなくなってしまう。だから骨が溶け続けるというのだ。

 しかし‥‥骨が溶け続けるのに痛みを感じないのは変ではないか。

「例えば胃が痛くても、慢性化すると痛みを感じなくなるでしょ。それと同じで、仮に体の中に小さな炎症があっても、それが慢性的に続くと、重症化しないかぎり、自覚症状がなくなってしまうんです。だから歯周病の場合も歯茎からの出血はあるものの、痛みは数日で治まってしまうため、自覚症状が薄いというわけです」

 まさに、とんでもないサイレントキラーだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!