芸能

桂歌丸、地元商店街も結束して“師匠のイメージ”守り通した「愛され力」!

 7月2日、落語家の桂歌丸さんが慢性閉塞性肺疾患のため、横浜市内の病院で亡くなった。

 国民的長寿番組の「笑点」の“顔”として知られる歌丸さんは、1966年の第1回放送から大喜利メンバーとして出演。06年からは5代目司会者としてお茶の間に笑いを届けてきた。

 その大番頭には、番組を盛り上げるためにある「流儀」があったという。

「大御所の歌丸さんに共演者が遠慮すると、笑いが半減してしまうことがあります。そのため歌丸さんは、出演者や新人メンバーとして入ってきた春風亭昇太や林家たい平に、『私をネタにするなら、徹底的にイジっておくれ』とアドバイスを送っていました」(演芸ジャーナリスト)

 高視聴率を連発する笑点の大喜利では、たびたび「政治ネタ」の掛け合いも見られる。5月27日の放送では、「騒音」のお題で、安倍政権を皮肉るような回答を出演者たちが連発して、ネット上で炎上する騒ぎも起きていた。

「歌丸さんが出演していた時も政治家を風刺した回答は少なくなかった。それを面白く思っていなかった政治家が飛行機で歌丸さんとバッタリ会った時、政治家の悪口を言わないように釘を刺したんです。するとすぐさま、『悪口を言われるような政治家になるな』と切り返したのです。司会が昇太さんに代わっても、政治家だろうと言いたいことは言う、というスタンスは受け継がれているのです」(前出・演芸ジャーナリスト)

 男前で気骨ある姿勢は、地元・横浜市南区の横浜橋商店街でも愛されていた。過去に歌丸さんの人物像を取材しようとしたライターはこう話す。

「歌丸さんの行きつけの店を回ると、どの店主も『師匠の許可がないと話せないね』と言われ、取材ができませんでした。本当に歌丸さんのことが好きで、自分のしゃべったことが少しでも曲げて書かれるのが嫌だったようです」

 つまり、ご近所も結束して誰からも愛されていた「師匠」のイメージを守っていた、ということであろう。そんな歌丸さんの笑点での軽妙な掛け合いや、名人芸の落語がもう聴けないのは寂しい限りだ。合掌。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
5
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声