エンタメ

平成最後の「7億円サマージャンボ」、10年区切りの法則で選ぶ超狙い目とは?

 7月9日から、今年も「サマージャンボ宝くじ」が、8月3日まで全国発売されている。昨年に続き、1等賞金5億円、前後賞合わせて7億円と一攫千金の大チャンス。平成最後の今回こそ、夢の億万長者への仲間入りだ。今年の賞金ラインナップは豪華そのもの。「サマージャンボ宝くじ」は、1等5億円が21本、前後賞1億円が42本、2等1000万円が42本と続き、特別賞として「夏祭り賞」の2万円が4万2000本(1ユニット1000万枚で21ユニットの場合)。

 また、同時に発売される「サマージャンボミニ」は、1等5000万円が50本、前後賞1000万円が100本。特別賞の「夏祭りミニ賞」2万円が3万本と続く(10ユニットの場合)。

 今年5月からネットサイト「ドリームメール」でコラムを連載中の宝くじアドバイザー・長利正弘氏が指南する。

「今年のポイントは平成最後の『サマージャンボ宝くじ』という点です。諸説あるものの、一般的には1979年(昭和54年)に誕生し、今回で40回目を迎えますが、過去の1等の当せん番号を10年区切りで見ていくと、組番号に必ず『4』と『7』が出現するという法則が見えてきます」

 10年区切りの番号は次のとおりだ。

●1988年(昭和63年)【84組130391】

【37組122467】

●1998年(平成10年)

【74組165029】

●2008年(平成20年)

【47組139741】

「察しのいい方であればお気づきになると思いますが、1988年といえば、昭和最後のサマージャンボでした。そして、平成になってからの組番号の出現回数を見ると、組十位のトップは『7』の9回で、組一位は『4』が断然の11回。平成最後となる今回は、強運数字の『4』と『7』は外せそうにありません」

 7月10日発売の「週刊アサヒ芸能7月19日号」には、大本命の「74組」のほか、押さえの組番号、そして、「16万台」が出現する理由も掲載されている。今年こそ、真夏の夢をつかもう!

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」