事件

紳助VS絶縁タレント 仁義なき「切り込み構想史」(2)「共演者NGリスト」がある

自身を頂点とする紳助一家を形成する一方で、紳助親分の周囲には敵対する一派も増えていった。
 そんな状況には、タレントを起用する番組サイドも神経を遣っていたようだ。
「キャスティングの際、紳助さんが嫌う人、逆に紳助さんを嫌う人について、『共演NGリスト』のようなものがありました。要は、紳助さんの番組で企画段階から共演が不可能なタレントについては事前に把握しておこう、というものです。実際に確執があったタレントさんばかりではなく、事務所の戦略上、〝紳助色〟をつけないために共演をNGにしているタレントさんの名もあげられていました」(在京キー局関係者)
 そうしたリストの中に、意外な名前があったという。なんと藤原紀香(40)である。
 藤原といえば、紳助の番組でアシスタントに抜擢されたあとにブレイクした経歴を持つ。前夫・陣内智則(37)との結婚披露宴では、紳助が異様なまでに涙を流す姿が目撃されたほどだ。「紀香さんの場合は、出演すれば離婚をトークのネタにされるからですよ。紳助さんの番組には陣内さんを使うことが多く、実際、彼はネタにしていますからね」(前出・キー局関係者)
 今をときめく若手女優たちも、紳助との共演を拒否しているようだ。
上野樹里(25)や北川景子(25)らまでが紳助の番組に出ることを快く思っていないといいます。彼女らは関西出身です。紳助の番組に出れば、そこをからかわれるのは目に見えているからでしょう。一昔前、大阪出身の沢口靖子(46)が紳助と共演した際、『こんなん気取ってますけど‥‥』とさんざん、関西出身ネタでいじられて、その後、紳助との共演を見直すようになったという一件が先例なのかもしれません」(前出・放送作家)
 逆に、たとえテレビ局に所属する女子アナといえど、紳助ににらまれたら番組には出られないという。
「『クイズ!ヘキサゴン』(フジ系)のテコ入れでアシスタントを加える際、紳助さんは中野美奈子アナ(31)を起用しようとしたが本人の意向で断られたといいます。結局、同期の中村仁美アナ(32)に白羽の矢が立ちましたが、以後、紳助さんの口から中野アナの名前が出ることはなくなった」(フジテレビ関係者)
 引退してなお、〝絶縁タレント〟は許さないのだろうか。とはいえ、紳助自身がキャスティングされることはもはやなくなった。

カテゴリー: 事件   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声