社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<うつ病>午前中不調で夕方に改善。気分の「日内変動」がある

 異動や転勤などの生活環境や、周囲の人間関係が変化すべき時期こそ「うつ病」に注意すべきだ。

 実は「うつ病」は1日の中でも、抑うつ状態に波がみられることが知られている。特に、起床時に最も症状が強くなり、昼過ぎから夕方にかけて症状が改善していく。生活時間帯における症状の変動を「日内変動」と言い、人によっては夕方以降になると、普通に働ける人もいる。

「日内変動」には次のような症状がみられる。

【1】早朝に目が覚めるが、起き上がる気分になれない。

【2】会社や学校に行かなければならないが気力が出ない。

【3】人に会いたいと思わない。

【4】朝、新聞を読めなくなる。

 もし一つでも該当すれば「うつ病」の可能性が高いので注意が必要だ。

 ちなみに【4】の症状は「朝刊シンドローム」と言われ、急に朝刊も読めなくなるほどの無気力に襲われ、会社に出勤するのも億劫になってしまう状態を指す。

 この「日内変動」が起こる原因は、まだ全てが明らかになっていないが、体内時計の「概日リズム(サーカディアンリズム)」が関係していると考えられている。人間の体内時計の周期は約25時間だが、地球の1日の周期は24時間で少しズレがある。

 本来ならこのズレを、太陽の光を浴びることでリセットしているが、ズレをうまく調整できなくなると心身ともに不調をきたし「うつ病」を発症してしまうのだ。

 これを克服するには、「日内変動」の特性を理解して毎日の生活リズムを整えることが最善策。気をつけてほしいのは「夜間の過活動」は控えることである。日中は気分が重くて動けなかったのに、夜になると比較的楽に動けるようになるため、「過活動」になりがちなのだ。まずは規則正しい生活を心掛けよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
4
これで大逆転!吉岡里帆が「バスト公開映像」を解禁した「背に腹は代えられない事情」
5
「ポスト水卜麻美」はショートカットにタプタプのバスト…小高茉緒の桃色天気予報が眼福すぎる