芸能

闇に葬られた「放送禁止」作品(3)若手だった笑福亭鶴瓶がトンデモナイ暴挙に!

 まさか、そんな日が来るとは夢にも思わなかっただろう。スタッフも出演者も心血をそそいで作り上げた映像が、思いがけないそれぞれの理由で「放送禁止」に認定される──。そんな闇の歴史を、映画やドラマだけでなく、アニメもバラエティも含めて大公開!

「トップキャスター」(2006年、フジテレビ系)

 天海祐希の月9初主演作で、敏腕のニュースキャスターに扮している。第3話で「地獄に堕ちるわよ」が決めセリフで、すぐに「改名したほうがいい」と強迫するインチキ占い師を糾弾したが、どう考えても細木数子そのもの。本人から猛抗議を受け、フジテレビは平謝り。さらに、再放送やDVD化では欠番にすることを誓約した。

「悪魔のKISS」(1993年、フジテレビ系)

 今では考えられないが、夜9時台の地上波ドラマで堂々と見せたバストの頂上。まだ無名だった常盤貴子がカード地獄でピンク嬢に転身する女子大生を演じ、一躍、人気女優の仲間入り。豊かなバストを寺脇康文に揉みしだかれるシーンはお宝映像となったが、所属事務所が版権を買い取ったため、再放送もソフト化も実現しないまま。

「西部警察2003」(03年、テレビ朝日系)

 今では考えられない派手な爆破シーンなどで、80年代に大人気となった刑事ドラマ。84年の放送終了から19年後にスペシャルドラマ、さらに連続ドラマの復活が発表される。そのロケで石原軍団の池田努が運転を誤り、見物人に突っ込んで5人が負傷。社長の渡哲也は責任を取って放送中止を決め、ようやく1年後に日の目を見た。

「独占!男の時間」(75~77年、テレビ東京系)

 あき竹城の服を脱いでの踊り子ショーを見せるなど、徹底した艶っぽ路線で高視聴率を獲得。まだ若手だった笑福亭鶴瓶がレギュラーだったが、ここで早くも、代名詞となる「下半身を披露する」“事件”を起こした。さらに、降板に怒ってカメラにお尻の“菊”を押しつける暴挙に。以降、何十年もテレビ東京への出入り禁止を言い渡された。

「武蔵」(03年、NHK)

 市川海老蔵が新之助だった時代に大河ドラマの初主演を飾った。その初回放送の直後、11カ所ものシーンに「これは『七人の侍』のパクリ?」と指摘が入り、黒澤明の著作権を管理する黒澤プロから1億5400万円の賠償を求められる。裁判ではNHK側の勝利に終わったが、印象として大きなダメージを負うことになった。

「明日、ママがいない」(14年、日本テレビ系)

 芦田愛菜を筆頭に、天才子役たちがずらりと集結。かつて「家なき子」で安達祐実を社会現象にさせた野島伸司が脚本監修となり、期待値も高かったが、全国児童擁護施設協議会などから「視聴者の誤解と偏見を呼ぶ」と抗議される。放送自体が中断することはなかったが、番組スポンサー8社がCMを見合わせる緊迫の事態に発展した。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった