芸能

石原さとみ、「高嶺の花」撮影時に山下智久との失恋を“思い出す”ワケ

 7月11日に放送された石原さとみ主演のテレビドラマ「高嶺の花」(日本テレビ系)の視聴率が、11.1%だったことがわかった。この記録は、前クールを超える好スタートだという。

「日テレの水曜22時ドラマは今年、4月期に放送された吉高由里子主演『正義のセ』の初回が視聴率11%。1月期の広瀬すず主演『anone』は9.2%でしたから、今回の『高嶺の花』は、まずまずのスタートを切ったといえるでしょう。人気女優の石原と、NHK朝ドラ『ひよっこ』にて強烈な演技が絶賛された峯田和伸の共演ということで、視聴者から注目を集めたようです」(テレビ誌記者)

 同ドラマは、数々のヒット作品を生み出した脚本家・野島伸司のオリジナル作品で、峯田は今回、商店街にある冴えない自転車屋店主を演じている。そのため、ドラマでは何度も商店街が映し出されるのだが、石原にとってこの場所は思い出の地だという。

「実はドラマの舞台となっている商店街は、石原が出演していた山下智久主演の月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)のロケ地でも使われていた場所なんです。このドラマでの共演がキッカケで2人は交際に発展したと言われていますから、石原は撮影中、山下と過ごした過去の記憶が蘇っている可能性があります」(前出・テレビ誌記者)

 だが2人はその後、破局し、石原は先日、IT社長との交際が発覚した。一部報道によると、山下はまだ石原に未練があるという情報も飛び交っており、それが事実であれば、思い出の商店街が映るこのドラマを、彼は直視できないかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?