芸能

西内まりや、芸能活動再出発宣言も染みついた“ビンタ”イメージで茨の道!

 イメージ的にも実際の人気的にも再浮上は難しい!?

 今年3月31日をもって所属していたライジングプロダクションとの契約が終了していた西内まりやが、7月20日に自身のインスタグラムを更新。芸能活動を再始動させることを報告した。

 まず、西内はこれまで自身を育ててくれた前事務所への感謝の気持ちを伝え、円満に契約満了を迎えたことをアピール。さらに突然の活動休止などでファンに心配をかけたことについて謝罪している。そのうえで、今後については〈実は一度、表現する道を歩む事を諦めようと考えたのですが、何度も心と話し合い、もう一度チャレンジしたいと思いました。一歩ずつ精進していこうと思っておりますので、今後とも応援よろしくお願い致します〉と、再度表現者としての道を歩みたいと決意を新たにしている。

 ファンにとっては待望の復活宣言と言っていいだろうが、今回の投稿についての世間全体の反応を拾ってみると、「う~ん、あの騒動で自分勝手なイメージがついちゃったからな」「事務所トラブルを起こしちゃった時点で干されるだろうな」「理由はどうあれ、社長にビンタするのはダメだろ」など、完全復活は難しいと判断する声が上がっている。

「西内は昨年1月にフジテレビ系月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』で主演を務めるも、全話を通しての平均視聴率が6.7%と、当時までの月9視聴率のワースト記録を更新。以降、テレビから姿を消していたが、同じ年の11月には事務所社長をビンタして加療1カ月のケガを負わせたと報じられ、世間を驚かせました。西内側はビンタを否定し、事務所側の主張と食い違いがあるため、真実は双方の間でしかわかりませんが、騒動の発端は歌手活動をメインに展開したいという西内と、女優業を優先させたいという事務所側の方向性の違いからと言われています。ただ、どんな理由があっても、世間の大半の人の見方は事務所の猛プッシュがあって、西内はここまでの地位を築けたというのがほとんどですから、そんな状況で不満をぶつけた西内に非があると考える人が多いようですね」(エンタメ誌ライター)

 また、人間性もさることながら、そもそもテレビに出ることができても需要がないという声も上がっています。

「かつての事務所があれだけゴリ押ししていたのに、それほどの成績が残せていないのも事実。女優業をするとしても月9の大爆死がどうしても頭をよぎりますし、歌手としても歌手デビューした14年に日本レコード大賞の最優秀新人賞を獲得するも、ヒットしたという実感が世間にまったくありません。それもこれも、事務所のパワー炸裂があってこそというのが世間の認識ですから、女優、歌手、どちらの道を選ぼうが険しい道であることは変わらないでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 とはいえ、今後のメディア出演が難しかったり、世間の見方が厳しかったりといった再始動への逆風が強いことは西内自身も承知の上なこと。それをわかった上での一大決心ということなだけに、西内がこの逆境をどのように乗り越えていくのか、注目したいところだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道