社会

あなたは「スマホ認知症」!?「ホンモノ」へと移行する危険度は…

 今やこれがないと生活できない、という人だらけ。常時手放せないモノといえば、スマートフォンである。

 だがほとんど中毒化したことで、「認知症もどき」の症状を訴える人が急増中、という実態があるのをご存知か。7月31日発売の「週刊アサヒ芸能」(8月9日号)の健康特集記事が、警鐘を鳴らしている。

『その「もの忘れ」はスマホ認知症だった』(青春出版社)の著者で、「おくむらメモリークリニック」の奥村歩院長によれば、

「私が開設している『物忘れ外来』の患者さんは、かつては大半が認知症の不安を抱えた高齢者の方たちでした。ところが5年ほど前から30代~50代の働き盛り世代が目立つようになり、現在は約5割が65歳までの世代。みなさん、自分はアルツハイマー型認知症ではないか、と心配して来院される患者さんです」

 だが、MRIで脳の状態を検査しても、アルツハイマー型認知症の特徴である、記憶を司る脳の海馬部分の萎縮は見られない。奥村医師が続ける。

「そこで患者さんに聞き取りをすると、みなさん、それこそ食事中だけでなく、トイレやベッドの中でも肌身離さずスマホを持っているヘビーユーザーだという共通点がみられたんです」

 奥村医師はこれを「スマホにより脳が過労している状態」とし、「スマホ認知症」と名付けた。スマホから入る情報を選別するため、さらに多くのネット情報を脳にインプットする。結果、脳には必要以上の負担を強いることになるという。

「そのため、脳の容量、処理能力が低下し、最終的にはコンピューターが停止。正しい記憶を取り出せなくなり、理解力、判断力が低下する。つまりスマホ認知症は、脳がオーバーフローした状態になる、オーバーフロー認知症と言い換えることもできます」(東京脳神経センター・天野惠市医師)

 恐ろしいのはここから先だ。スマホ認知症はうつ病へと進行し、最終的には「ホンモノ」の認知症になる可能性が高くなるというのだから…。「アサヒ芸能」では、スマホ認知症になる危険度のチェック項目を設け、自分の状況を確認できるようになっている。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
4
「ハコヅメ」永野芽郁のバスト感触をガッツリ味わった俳優に羨望の声!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ