社会

あなたは「スマホ認知症」!?「ホンモノ」へと移行する危険度は…

 今やこれがないと生活できない、という人だらけ。常時手放せないモノといえば、スマートフォンである。

 だがほとんど中毒化したことで、「認知症もどき」の症状を訴える人が急増中、という実態があるのをご存知か。7月31日発売の「週刊アサヒ芸能」(8月9日号)の健康特集記事が、警鐘を鳴らしている。

『その「もの忘れ」はスマホ認知症だった』(青春出版社)の著者で、「おくむらメモリークリニック」の奥村歩院長によれば、

「私が開設している『物忘れ外来』の患者さんは、かつては大半が認知症の不安を抱えた高齢者の方たちでした。ところが5年ほど前から30代~50代の働き盛り世代が目立つようになり、現在は約5割が65歳までの世代。みなさん、自分はアルツハイマー型認知症ではないか、と心配して来院される患者さんです」

 だが、MRIで脳の状態を検査しても、アルツハイマー型認知症の特徴である、記憶を司る脳の海馬部分の萎縮は見られない。奥村医師が続ける。

「そこで患者さんに聞き取りをすると、みなさん、それこそ食事中だけでなく、トイレやベッドの中でも肌身離さずスマホを持っているヘビーユーザーだという共通点がみられたんです」

 奥村医師はこれを「スマホにより脳が過労している状態」とし、「スマホ認知症」と名付けた。スマホから入る情報を選別するため、さらに多くのネット情報を脳にインプットする。結果、脳には必要以上の負担を強いることになるという。

「そのため、脳の容量、処理能力が低下し、最終的にはコンピューターが停止。正しい記憶を取り出せなくなり、理解力、判断力が低下する。つまりスマホ認知症は、脳がオーバーフローした状態になる、オーバーフロー認知症と言い換えることもできます」(東京脳神経センター・天野惠市医師)

 恐ろしいのはここから先だ。スマホ認知症はうつ病へと進行し、最終的には「ホンモノ」の認知症になる可能性が高くなるというのだから…。「アサヒ芸能」では、スマホ認知症になる危険度のチェック項目を設け、自分の状況を確認できるようになっている。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ