芸能

ZOZOのマネ!?DMM、“成人向け”事業を名称変更も「そこじゃない」の指摘

 世間で染み付いたイメージは簡単には覆せない?

 7月19日、ネット販売サイトのDMM.comが、同社の主力とも言うべき成人向け事業の名称を8月1日から「FANZA(ファンザ)」に変更すると発表。社の母体だった成人向け事業を他会社のような扱いにすることで、世間のイメージを一新、金融など多角化経営に乗り出している同社のブランドイメージをアップさせる狙いだ。ところが、この報道が広まると、多くの男性ユーザーから続々と異論が噴出した。

「DMMといえば大人向け。これは誤解ではなく事実ですし、世間のほとんどの男性がお世話になっている。週刊誌などで芸能人の黒歴史的な艶動画などがスクープされると、儲かるのは発掘した出版社ではなくダウンロード事業のDMMと言われるほどです。そのように、18歳以下は鑑賞できない動画やコミックのダウンロードでDMMが得ている収益は莫大です。ですから、多角化経営を展開できている資金もR18事業で蓄えたものといって過言ではない。それが悪いことではないし、世の男性たちはむしろ『過去を隠さない堂々とした会社』というイメージを持っていた。ところがここにきて、ネット民の言葉を借りるなら『会社を支えた成人向け事業をポイ捨てした』という印象も少なくないようですようですね」(週刊誌記者)

 また、「変えるならDMMの名称のほうではないか」という意見も多い。つまり、それだけDMM=R指定というイメージができ上がっているという。

「とはいえ、金融関連の会社としてDMMのブランドイメージができあがっている関係先のためにも、母体の名称を変えることはできなかったのかもしれません。今後は『うちは成人事業はやってませんよ』という体で、世間が過去を忘れるまで何十年でもかけていこうという気持ちではないでしょうか」(前出・週刊誌記者)

 また、ZOZOTOWNのプロ野球界進出宣言の直後ということもあって、「DMMも球団が欲しくなったのか」という声までかなり投稿されているという。「始球式に艶系女優を毎回出してくれたら観に行く」など、茶化しすら始まっているが、これもFANZA改名への複雑な感情が、屈折な形で表れたものなのかもしれない。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ