芸能

そりゃ2位になれるわ! SKE48須田亜香里、努力家素顔に「見直した」の声

 知られざる努力家の一面が全国に向けて明かされ、世間の見方も変わりつつあるようだ。

 SKE48の須田亜香里が7月30日に放送されたバラエティ番組「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)に出演。6月に行われたAKB48グループ選抜総選挙で2位を獲得して、突如としてテレビ出演が増え始めた須田の日常に密着するVTRが放送され、人気の秘密がひもとかれた。

 須田と言えば、ファンの間で握手会での神対応が評判で、握手会に来たファンをすぐに釣ってしまうことから“釣り師”の異名をとるが、世間からの評価はそれほど高いわけではない。実際、須田の名前をネット検索すると、「ブサイクすぎる」「なぜ人気」といったワードが検索候補で上がってしまうなど、世間の人々からすれば、なぜ、2位になれたのかわからないような謎の存在だ。

 しかし、今回の密着VTRでは熱心なファンのブログを検索して、ファンの握手会レポートを見て、どういう受け答えをすればファンが喜んでくれるのかについて日々研究していることを紹介。また、ファンの名前や職業、過去の会話内容をノートにまとめたり、SNSもツイッターやインスタグラムはもちろん、ブログなど10種類以上違った内容で更新しているという努力家な一面も明かされていた。

 そういった類まれな努力を積み重ねた結果、選抜総選挙で須田のために1000万円以上使ったというファンも現れることも明かされるなど、かなり大物をどんどんと釣り上げているようだ。

 今回の放送を見た視聴者からは「可愛いとは思ったことがないけど、このプロ意識はすごい」「まさかアイドルがここまで努力しているとはビックリ」「あれだけ多忙な中でここまでファンのために徹底しているのか…」「そりゃ2位取れるわ」など、須田のストイックぶりを認める声が多数見受けられています。

「極めつきは、今まで『お休みがほしい』とこぼしたこともないといい、仮に休みがあったとしても、もしも前日に仕事が突然入ったとしてもその仕事を受けられるように、プライベートの予定も極力入れないようにしているという鉄人エピソードでしょう。また、仕事現場でも神対応は健在で、仕事の打ち合わせでもメモをとったり、一緒に仕事をした番組スタッフに手紙をプレゼントしたりと、次の仕事につなげるためにも奮闘しています。ここまで全力でアイドルを全うできるアイドルもそれほどいないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 選抜総選挙で前人未到の3連覇を成し遂げたHKT48の指原莉乃も王道アイドルとはかけ離れた存在だった。いよいよアイドルも「可愛い」以外の要素が重要視される時代になってきたようだ。

(権田力也)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス