芸能

野性爆弾くっきー、「42歳の遅咲きブレイク」の裏にあった“意外すぎる理由”

 2018年上半期にバラエティーを席巻し、多忙な日々を過ごしたお笑い芸人・野性爆弾のくっきーだが、ブレイクまでにあまりの時間を要したのはなぜか。

 奇抜な特殊メイクと常識を超えた世界観、そして独特なタッチで描かれる絵画など、くっきーの武器を一言で説明することは決して容易な作業ではないが、世間がようやく彼に共鳴を覚えたのはここ半年から1年の間のことである。42歳にして、芸人キャリアにおける最初のブレイクを迎えたこの大柄な芸人は、吉本興業のNSC大阪13期生としてデビューし、同期にはブラックマヨネーズやチュートリアル、次長課長、そして後輩には今やゴールデン帯で司会を任されるフットボールアワーの後藤輝基もいる。

 同年代と比べ、明らかに出遅れた格好のくっきーだが、そこには彼が“自由にボケきれない”ほどに突き抜けた天然ボケの相方・ロッシーの存在があるという。テレビ誌ライターは言う。

「くっきーほどの個性派のボケをコンビとして有している場合、ツッコミはとにかく常識人で正統派な立場を保った方がベターでしょうが、肝心のロッシーは周囲が引くレベルの天然芸人であり、バラエティー番組などではくっきーのボケを放置することもしばしば。ただでさえ彼のボケは周囲には扱いづらいイロモノであるため、当のツッコミがロッシーではくっきーのボケは“打ちっぱなし”で終わってしまいます。それどころか、頻繁に発動するロッシーの天然発言をくっきーが突っ込んで訂正するという場面も珍しくなく、これでは野性爆弾自体がウリを明確にできないまま宙ぶらりんの状態になるのもうなずけます」

 そんな状況が打破されたのは、くっきーのボケに対し、“ロッシー以外のツッコミ芸人”が然るべき合いの手を打ち始めたことにあるようだ。

「かつてはお笑いコンビというのは2人そろっての出演が暗黙の鉄則でしたが、最近ではバラバラで活動する機会が増え、くっきーも“正統派なツッコミ芸人”から良質のツッコミを頂戴する機会が急増。それによってくっきーの世界観が存分に発揮され、続々と共鳴者が誕生したのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 中にはタカアンドトシやブラックマヨネーズなど、頑なにコンビとしての“セット出演”にこだわるペアも多いが、こと野性爆弾に関してはくっきーの突き抜けたボケをキチンとさばくことのできるツッコミが必要だったのだろう。あとはこの“くっきーブーム”を少しでも長続きさせることに注力するべきか。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!