芸能

高橋一生の「年間初CMキング」を妨げかねない“懸念材料”とは?

「2018上半期タレントCM起用社数ランキング」(ニホンモニター)発表されたのは7月6日。これは2018年1~6月までのCM出稿状況を基にしたランキングであり、男性タレントのトップを飾ったのは、高橋一生で、起用社数10社だった。

「起用した企業には、一流どころがズラリ並びました。そんな高橋のブレイクは昨年で、連続ドラマ『カルテット』(TBS系)で注目され、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)でブレイク。全国的に顔と名前が知れ渡ることとなったんです。ただし、企業ウケはしても、ファン人気については、いささか微妙な状態に突入している」(エンタメ誌ライター)

 今年2月、写真週刊誌「FLASH」で高橋はお泊まり熱愛をスクープされた。お相手はドラマ共演がきっかけで親密になった森川葵。自宅の合鍵を渡し、週に複数回、自宅デートを重ねるラブラブな仲と書き立てられた。

「これで沸騰した女性人気がかなりダウンしてしまった。37歳独身のイケメン俳優に彼女がいても、何ら不思議はない。既婚女性の不貞でもないし、関係者はホッと一安心したそうですが、報道を見た女性からは拒否反応が続出。というのも、激写された時の服装が、全身黒ずくめのうえ、アラフォー男性がまず持たない若作りのウォレットチェーンというもので高橋のイメージと合わなかったんですね。もちろん、その服装が変装を兼ねたカモフラージュだったのではという声もありますが、15歳年下彼女という超年下好みだったことも好感度を下げる一因となったようです」(芸能ライター)

 報道後、高橋は否定も肯定もせず、破局したという続報もないままだ。そのため、移り気な女性ファンをもう一度振り向かせるまでにはいたっていない。年間通してトップを取れるかは、下半期のスポンサー契約が増えるか否かにかかっている。昨年の年間トップは、12社のCMに登場した遠藤憲一だった。アクの強さが飽きられたのか、遠藤は今年の上半期9社にダウンし、2連覇を逃した。高橋は年間CMキングの座を獲得することができるだろうか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芸能界「自己責任な女」受難の後始末(1)剛力彩芽はこのまま引退?
2
若林正恭と南沢奈央の破局に、大島優子のファンが安堵するワケ
3
「HIKAKINも抜いた」米津玄師、“いったいいくら荒稼ぎ?”とネットで大激論!
4
叶姉妹が男性のシンボル型アクセを公開!ニギニギショットが艶すぎるッ
5
浜崎あゆみ、すっかり「インスタ芸人」状態に「コンサートだけに絞れば?」の声