芸能

たけしにポンと200万円!やしきたかじん、今なお語られる超「豪快伝説」

 80年代の漫才ブームで一世を風靡したツービート。ビートたけしときよしの2人が、アマチュア芸人として修業を積んでいたのは東京・浅草だが、そんな二人の第二の故郷が、今年8月から、台東区の芸能文化の発展を願って「江戸まち たいとう芸楽祭」を開催する。その名誉顧問に、たけしが就任。「恩返し」の意味を込めて、ひと肌脱いでいる。

「事務所独立騒動は、オフィス北野の新社長にたけし軍団のつまみ枝豆が就くことで収束しました。そもそもたけしさんは、自分のギャラにノータッチ。オフィス北野には億単位の株を置き土産にしていますし、今回の“芸楽祭”も微々たる協力費。ギャラではなく、人で動くタイプです。そんなたけしさんにシンパシーを抱き、関西のローカル番組に呼んだのは、今は亡き元“関西のカリスマ”やしきたかじんさん。“関西の視聴率男”と“世界のキタノ”の奇跡の対峙は、20年以上前に実現していたんです」(テレビ誌ライター)

 東京芸人を嫌い続けたたかじんは、東京の仕事をすべて拒否。しかし、酒を飲みながら、台本なしのトークをかわす深夜トーク番組「たかじんnoばぁ~」(読売テレビ)の最終回に、たけしを呼んだ。その際、たけしが出した条件は3つ。(1)キレイな姉ちゃん(2)おいしいメシ(3)ホテル。この確保を、出演ギャラとしたのだ。

「ガチで飲む番組だったので、2人は本番中から遠慮なし。番組が終わるころにはベロベロ。その足で、約束どおりキレイな姉ちゃんがいる大阪・北新地のパブに流れて、たかじんさんは持ち歌をカラオケで熱唱。1番を唄い終わるころ、記憶を失ったといいます。解散した後、たけしさんらはうどん屋で腹ごしらえ。すると、扉から怒鳴り散らしながら酔ったたかじんさんが、『見つけたぞ~!』と襲来したそうです」(前出・テレビ誌ライター)

 泥酔状態だと思われていたたかじんさんは、たけしの付き人の服のポケットに、200万円の札束をサラリと忍ばせた。そして、ふたたび夜の新地に消えた。その額はたかじんさんいわく、ギャラではなく「お車代」。ポケットマネーだったという。

 死して伝説を残すたかじんさん。64年という短い生涯を閉じて、今年で5度目の夏を迎える。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
Koki、「理想の女性は母」発言で出てしまった「言わないほうがよかった」の声
2
上沼恵美子 関西テレビ界に君臨する「抹殺力」(2)「ポスト上沼」の面々は…
3
山崎アナも消えた!「好きな女子アナランキング」でかつての“王国”が崩壊?
4
女芸人が“先端”全出し?松本人志「ドキュメンタル」最新作のレビューが大荒れ!
5
欅坂46平手友梨奈“メンタル不安視”問題に秋元康がついに言及!