芸能

小島瑠璃子、始球式で“艶やかさ封印”を余儀なくされた「大人の事情」!

 タレントの“こじるり”こと小島瑠璃子が8月18日、京セラドーム大阪で催されたオリックス・バファローズvs福岡ソフトバンクホークスの始球式に登場。華やかな衣装をまとった姿をお披露目している。

 映画「インクレディブル・ファミリー」で初の吹き替え声優へ挑戦したこじるりは、同映画内で担当した登場キャラクター“ヴォイド”をモチーフにした衣装でマウンドへ上がると、豪快な投球フォームから放たれたボールはワンバウンドを経てみごとにミットへ到達。自身10度目という“始球式の重鎮”として、素晴らしいパフォーマンスを披露するに至った。

 しかし、多くのメディアによってこじるりの始球式の様子が報じられ、投球シーンを収めた写真が掲載されると、ネットでは「女性としての魅力をまったく感じない」とか「健康的すぎて」艶っぽさがないとの手厳しい反応が続出。上はノースリーブで、下は大腿部と美脚の付け根までを見せるショーパンという涼しげなさわやかコーデとなったものの、こじるりが球を投げるシーンを切り取った写真にはガニ股状態のものや脚を大胆に広げている瞬間のものが多く、確かに奥ゆかしさや女性らしさからはやや離れたシルエットとなっている。

「こじるりの“女性としての艶やかさ”を巡ってはかねてより様々な手厳しい声が飛び交ってきましたが、今回の始球式での衣装や雰囲気に“艶やかさ”などを求めるのは筋違いかもしれません。というのも、彼女はディズニーが製作した子供向け人気シリーズ映画のプロモーションを兼ねて今回の始球式に参加したわけで、壇蜜や菜々緒といった艶っぽ番長のような振る舞いを見せていてはディズニー側からお叱りを食らってしまうこともあり得ます。むしろ健康的で艶やかさからは遠い位置にいる空気感を買われての抜擢だったとも考えられますからね。今回のこじるりに“女性らしさ”や“艶やかな肌見せ”などを求めるのは初めから無理な願望だったのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 とはいえ、タレント・小島瑠璃子も一人の大人の女性であり、いつまでも“健康的”“さわやか”などといったイメージだけでは本人にとっても不完全燃焼なのではないか。世間からのリアクションとしては、より肉感的になって、今のサバサバとした振る舞いを変えてほしいとの要望も見られるが、艶キャラへの転身ははたして実現するかどうか。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?