芸能

仮面女子・猪狩ともかが車いすでアイドル復帰!運営側に求められる対応とは?

 4月に負った不慮のケガで脊髄を損傷し、車いす生活を余儀なくされた仮面女子の猪狩ともかが、4カ月ぶりにアイドル復帰を果たす。8月14日に自身のブログにて、8月26日に専用劇場「仮面女子Cafe」の公演に出演すると発表したのだ。さらに8月31日には大阪・京セラドームで開催されるオリックス・バファローズ対埼玉西武ライオンズの試合にて、イベントに参加するという。

「両脚は動かなくなったものの、上半身には特に問題はない彼女。リハビリも順調に進んでいるようで、ブログでは寺へのお詣りに出かけた様子を報告したり、卓球にもチャレンジしたようで、順調な回復ぶりを見せています。現在は体重が減ったことを気にしており、パワーを付けるためにも“デブ活”しているのだとか。車いすを意のままに動かすには上腕の力が相当必要となり、受傷から4カ月ではまだ不便な部分も多いはずですが、アイドル活動で培った体力が役に立っているようです」(アイドル誌のライター)

 その猪狩が今後、アイドル活動を続けていくのに際し、周囲が配慮すべきポイントについて、車いす事情に詳しい医療系のライターが指摘する。

「パラリンピックを見ればわかるように、車いす生活の方でも激しい運動は問題なく可能。歌とダンスが必須のアイドル活動もこなすことができるはずです。ここで注意したいのは段差、そしてお手洗いです。車いすではちょっとした段差を乗り越えるのも難しく、階段はもってのほか。しかしほとんどのステージは車いすではエントリーできない構造なので、仮面女子側には専用劇場の改修が求められるでしょう。スタッフが車いすごと持ち上げる手もありますが、本人も周囲も危険な状態になりかねないので、やはり本人が自力でステージに上がれるような形に改修するのがベストな方法です。それから、お手洗いへの導線も重要なポイントですし、着脱しやすい衣装も考慮に入れる必要があります。とはいえ大げさに考えるのも禁物。バリアフリーの施設はどんな人にとっても使いやすい施設となるのですから」

 これまでにも腰を痛めてダンスを踊れなくなったアイドルが、一人だけ着座姿勢でステージを務めた例は少なくない。仮面女子では今後、猪狩が参加した形での新たなフォーメーションも披露していくはず。そんな猪狩を多くのファンが、これまでと同様に応援し続けていくに違いないだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!