芸能

小島瑠璃子の「グラビア続行宣言」“作品として残るから大事”に賞賛相次ぐ!

 タレントの“こじるり”こと小島瑠璃子が8月19日に配信された「週プレNEWS」の取材に応じ、今後もしばらくはグラビア撮影に挑戦していきたいとの心境を述べている。

 若干24歳にして、バラエティー番組での機転の利いたコメントや要所要所における潤滑油としての知的な働きぶりが評価されているだけでなく、政治記者にも負けず劣らずの選挙リポートなどの大役もそつなくこなしてきた才女・こじるり。テレビにCMと引っ張りだこのそんな彼女だが、売れっ子タレントとなった今もなお、水着のグラビア撮影を続けており、その姿勢がファンからは好評を博している。

 同誌の取材でも「今7年目で、少なくとも10周年まではグラビアを続けたい」「バラエティ(への出演)は作品として残らないものが多いじゃないですか。そういう意味でグラビアは私にとって数少ない“作品として残るもの”なので大事にしたいんです」などと語ると、「グラビア10周年記念をジャングルで撮りましょうよ!」と意気込み、ワイルドな野望も口にした。

「綾瀬はるかや深田恭子、長澤まさみなど、売れない時期にグラビアを量産し、ある程度名前が知られるようになると、徐々に肌見せのグラビアからは卒業していくという流れが一般的ですが、今やテレビを中心に大忙しのこじるりはいまだにグラビア撮影に臨んでおり、“作品として残るものだから大事”という前向きなコメントで締めています。このこじるりの姿勢にはネットでも『しっかりグラビア活動続けてくれるのは好感度高い』『これからもたまにお世話になります』『普通は売れたらグラビアやめるからな』といった声が出ており、『プロとして立派だし良い事だと思う』とのお褒めの言葉もありました」(テレビ誌ライター)

“売れても水着は辞めない!”。ファンにとってはこれ以上ない朗報となったのではないだろうか。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
3
平祐奈、ドレスショットで見せた胸の縦スジが「Fカップ渓谷か?」で大注目!
4
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪