女子アナ

フジ三田友梨佳だけじゃない!女子アナ「ハラスメント報告」こんなにあった

 日本陸連理事でマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務める瀬古利彦氏による宴席での地方アナへの“不適切な発言”や、フジテレビの三田友梨佳アナが採用面接の際に腰を振ることになったことを明かした発言など、ここにきて女子アナへの性的ハラスメント告発が相次いでいる。背景にはテレビ局の旧態依然とした体質があるというが、そんなハラスメント被害の数々を、8月28日発売のアサヒ芸能9月6日号が明らかにしている。

 かつて、フジテレビでは三田アナだけでなく、現在はフリーとなっている加藤綾子アナも、赤裸々にこうした体験を告白している。昨年7月放送の「クジパン」(フジテレビ系)の中で、フジテレビのハラスメント質問を受けていたことを明かしており、人事の姿勢に対して疑問の声すらあがっているというのだ。

「問題の番組で加藤アナは、面接官に艶っぽいポーズをするように言われスカートの裾をヒザまで上げたと暴露しています」(女子アナウオッチャー)

 たび重なる人気女子アナによる告白に、フジ内部でも、ここにきて危機感を募らせているという。フジテレビ関係者が解説する。

「明らかに彼女たちは『世間からフジテレビに批難が集中する』と理解したうえでバラしている節さえ感じますね。退社後に告白した加藤アナはともかく、三田アナは現役バリバリの社員。こんな話をしたら局内で居心地が悪くならないわけがありません」

 フジのハラスメント体質は現在人気急上昇中のアナにも及んでいると言うのだが…。アサヒ芸能ではその詳細も含め、実態を徹底レポートしている。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”