芸能

もう“ゴリ押し”が効かない?剛力彩芽の後輩女優たちが芸能界で苦戦中!

 ZOZOTOWN・前澤友作社長とのラブラブ交際で注目を浴びている女優の剛力彩芽。かつては武井咲、忽那汐里とのトリオで「オスカー三人娘」と呼ばれ、連続ドラマを席巻していたが、最近はすっかり「お騒がせ女優」という側面ばかりが目立つようになっている。

 その剛力がドラマから遠ざかり、3月に長女を出産した武井は育休中、そして忽那は活躍の舞台をハリウッドに移し、かつての三人娘をテレビで見る機会はなくなっている。そんな彼女たちの後輩女優たちが今、芸能界で苦戦しているというのだ。芸能ライターが指摘する。

「剛力らが所属するオスカープロモーションは日本最大級のモデル事務所にして、所属タレントを大々的に売り出す“ゴリ推し”ぶりでも剛腕を発揮してきた芸能事務所です。ところが三人娘がフェードアウトしてからというもの、その次に続く後輩たちがなかなか日の目を見ることができず、かつての“ゴリ推しパワー”はどこにいったのかと、業界を心配させています」

 とはいえ、オスカー所属の若手タレントが活躍していないわけではない。藤田ニコルはモデル業でもバラエティでも安定した活躍を見せており、岡田結実はバラエティに加えてドラマ「ヒモメン」(テレビ朝日系)にも出演中。しかし問題は、「女優専門のタレント」が表舞台に出られていないことにあるというのだ。芸能ライターが続ける。

「ポスト武井咲の呼び声も高かった吉本実憂は今年、連続ドラマ出演がなく、11月23日には主演映画の『レディ in ホワイト』が公開されるものの、さっぱり話題になっていません。次なる“ゴリ推し候補”と言われる高橋ひかるは石原さとみの主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ)にレイヤー好きの女子高生役でレギュラー出演していますが、さほど存在感を発揮できていない状況。8月28日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)には10代女性タレントの一人として出演するも、みちょぱ(池田美優)らの陰に隠れていました。かつて実写版『魔女の宅急便』で主役のキキを演じた小芝風花も主演級の華がなく、若手で最も目立っているのはフィギュアスケート兼任で14歳の本田望結かもしれませんね」

 そんな伸び悩みの若手たちに比べると、たとえスキャンダルと言えどもメディアをにぎわせる剛力のほうが、はるかに芸能人としての存在感を発揮していると言えるだろう。はたして後輩たちの中から剛力級のタレントは登場するのだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…