芸能

尼神・誠子はブレイクしたのに…ほんこんが“ブサイクイジり”を封じる深意

 お笑いタレントのほんこんが8月28日に放送された「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ)に同じく芸人の千原兄弟・千原せいじとともに出演し、自らの容姿をイジる風習に苦言。ルックスについては「触れんとってほしい」と嘆いている。

 番組では“怒り”をテーマにトークが進展され、ほんこんは最近に怒りを覚えたエピソードとして、安易に他人の容姿などをさげずむ芸人特有のノリを一喝。また、「すぐに(自分の顔を)ブスとか言ってくんなや!」と主張し、みずからの“顔面イジり”も禁止したいとの姿勢を示した。これには周囲も困惑させられ、司会のなるみが「(じゃあほんこんの顔については)なんて言ったらいいの?」と投げかけると、ほんこんは「そこは触れんとってほしい」とまさかの回答。せいじからも「兄さん、そらあかんわ。視聴者も悲しむって」と突っ込まれている。

「過去には同じ吉本興業のアジアン・隅田美保もテレビで公然と“ブス”呼ばわりされることに辟易し、婚活に悪影響をきたすなどと怒りを爆発させたとされますが、本来芸人であれば見た目だろうが何であろうが、イジられることで話題となることを“おいしい”と感じるのが一般的。現在人気沸騰中の尼神インター・誠子も、何を隠そうこの“ほんこんにソックリ”という点において、ブスイジりをされ、ブレイクのきっかけをつかみ、ついに『言うほどブスでもない』という評価を得るに至りました。やはり、芸人にとっての“ブス”は強い“武器”になると思いますが…」(テレビ誌ライター)

 ネットでも今回のほんこんの発言には「扱いづらいな」「笑われたくなければ笑わせればいいだけ」との反応が出る一方、「ブスいじりは好きじゃない。本人がネタにするのはいいが、他人がどうこう言って笑いにするのは笑えない」「安易にそこ(顔面イジり)に逃げてほしくないってことなんだろうね」といった擁護派の声も散見される。

「ただ、ほんこんは容姿のイジりを嫌う理由として、『ネタも作ってんねん。実力もあるのにそんなイジり方せんとってほしいねん』『下手くそなイジり方する奴もおんねん』などと語り、あらかじめ準備した狙いのネタが脇に置かれてしまうという事情を力説しました。“とりあえず顔をイジっておけばOK”と安易な手段を選ぶ一部芸人にもクギを刺したかったのでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

“婚活に悪影響を及ぼす”との理由で顔面イジりを禁止した隅田とは異なり、本物の笑いを追求したいとの願いが背景にあるようだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!