芸能

「やかましい!」一喝で後輩芸人の「透視能力」を消滅させた/ブサイク芸人「ほんこん伝説」③

 言わなければいいことをつい言ってしまうほんこんだが、その言動で後輩の運命までも変えてしまったことがある。

 天津・木村はかつて、透視能力を持っていた。富士山に登ったり、滝に打たれたりしていたら、超能力が芽生えたという。超能力とは実に怪しげで疑わしいが、木村は、

「今やからこそ、本当のこと言います。ホンマにあの時、超能力あったんです」

 とケンドーコバヤシに打ち明けている。そして木村は、力を失ったきっかけもはっきり覚えていた。ケンコバが回想する。

「1回、番組で披露してワーッってなった後に、楽屋でほんこんさんに詰められたんですって。『みんなが一生懸命ネタやってる時にな、そんな超能力に目覚めたとかウソばっかりついてテレビ出るヤツは許されへんのじゃ!』って。木村は『ホンマなんです。ホンマに見えてるんです』って言うたら『やかましい!』。次の収録から全く見えなくなったんですって」

 木村自身はその後、

「もう透視能力には頼らず、ちゃんと地に足をつけて(芸を)頑張ろうと決めてるんで」

 と言うが、なんだかもったいない。

 ある意味で無敵のほんこんだが、ひとりだけ対抗できない「天敵」がいた。ダウンタウンの浜田雅功だ。本人の弁によれば、

「俺、歳一緒の人に耳たぶちぎれるぐらい引っ張られて。耳たぶを床につけようとすんねん」

「関節、反対に曲げよるから」

「万力で指を挟んで潰そうとしたり」

 などなど、枚挙にいとまがない。そんな浜田に対し、ほんこんは、

「最悪、やってもええけど、東野(幸治)とか後輩の前でやるな」

 と反論するのがお決まりのようだ。

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)